Rakuten infoseek

辞書

藤原公任【ふじわらの きんとう】

美術人名辞典

藤原公任
平安時代中期の歌人公卿。関白太政大臣藤原頼忠の子。四条大納言と書される。蔵人頭を経て、参議権大納言に至る。晩年に出家して北山長谷の解脱寺に隠棲漢詩管弦和歌に優れ、中古三十六歌仙の一人に数えられる。家集『公任集』、歌学書『新脳髄』『和歌九品』、有職実書『北山抄』等がある。また『和漢朗詠集』を撰進した。長久2年(1041)歿、七六才。

出典:(株)思文閣

デジタル大辞泉

ふじわら‐の‐きんとう〔ふぢはら‐きんたふ〕【藤原公任】
[966~1041]平安中期の歌人・歌学者通称、四条大納言。故実に詳しく、また、漢詩・和歌・音楽にすぐれた。「和漢朗詠集」「拾遺抄」「三十六人撰」などを撰。歌論書「新撰髄脳」「和歌九品」、家集「公任集」、有職故実書「北山抄」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

藤原公任 ふじわらの-きんとう
966-1041 平安時代中期の公卿(くぎょう),歌人。
康保(こうほう)3年生まれ。藤原頼忠(よりただ)の長男。母は厳子女王。権(ごんの)大納言,正二位にいたる。一条朝の四納言のひとり。漢詩,管弦にもすぐれ,三船の才をうたわれた。「三十六人撰」「和漢朗詠集」を編集,歌論書「新撰髄脳」,有職(ゆうそく)書「北山(ほくざん)抄」などの著作がある。長久2年1月1日死去。76歳。通称は四条大納言。家集に「公任集」。
格言など】滝の音は絶えて久しくなりぬれど名こそ流れてなほ聞こえけれ(「小倉百人一首」)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

ふじわらのきんとう【藤原公任】
966‐1041(康保3‐長久2)
平安中期の歌人,文人,官人。別称は四条大納言。関白頼忠の長男。母は中務卿代明親王の娘。正二位権大納言に上ったが,1024年(万寿1)官を辞し京都の北山に出家隠棲する。大堰川に漢詩,和歌,管絃の三船をうかべ,その得意とするところによって人々を乗船させたとき,藤原道長をして,公任はどの船に乗るのだろうかと言わしめるほどの才があったという〈三舟の才〉の逸話に示されるように多才博識で知られ,道長全盛時の歌壇を代表する指導者の位置を占めていた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ふじわらのきんとう【藤原公任】
966~1041 平安中期の歌人・歌学者。通称、四条大納言。四納言の一人。実頼の孫。正二位権大納言。故実に明るく、諸芸に秀で、名筆家としても知られる。「和漢朗詠集」「拾遺抄」「三十六人撰」の撰者。著「新撰髄脳」「和歌九品」「北山抄」、家集「前大納言公任卿集」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

藤原公任
ふじわらのきんとう
[生]康保3(966)
[没]長久2(1041).1.1.
平安時代中期の歌人,歌学者。四条大納言と呼ばれた。関白太政大臣頼忠の子。正二位権大納言。万寿3 (1026) 年出家し,北山の長谷 (ながたに) に住んだ。作文,和歌,管弦の才を兼備し,有職故実に造詣が深く,書も巧みであった。私撰集『拾遺抄』は勅撰集の『拾遺和歌集』に大きな影響を与え,『新撰髄脳』『和歌九品 (くほん) 』の歌学書,『和漢朗詠集』『深窓秘抄』『金玉集』『三十六人撰』などの撰集,有職故実書『北山抄』などの著作がある。『拾遺集』以下の勅撰集に 90首余入集。家集『公任卿集』。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

藤原公任
ふじわらのきんとう
(966―1041)
平安中期の歌人、歌学者。関白太政(だいじょう)大臣頼忠(よりただ)の長男。母は代明(よあきら)親王の三女、厳子(げんし)女王。名門小野宮家の嫡子として、スタートこそ順調な官界生活であったが、政権が藤原兼家(かねいえ)、道隆(みちたか)、道長と移るにつれ、しだいに不遇をかこつようになり、道長に追従することによってかろうじて自己の政治的地位を保つありさまであった。政界での雄飛を断念した公任は、その後文学的活動に比重を移し、やがて斯界(しかい)の権威者としての地位を不動のものとする。晩年は、洛北(らくほく)の長谷(ながたに)で出家し隠棲(いんせい)の日々を送った。おもな著述に、故実書としての『北山(ほくざん)抄』、歌論書としての『和歌九品(くほん)』『新撰髄脳(しんせんずいのう)』、秀歌選としての『金玉集』『深窓秘抄』『三十六人撰』、私撰集としての『和漢朗詠(ろうえい)集』『如意宝集』『拾遺抄』などがある。なかでも余情美を重視する彼の歌論は、中世歌論の先蹤(せんしょう)をなすものとして高く評価されている。勅撰集には『拾遺集』以下に91首入集(にっしゅう)している。家集『公任集』がある。[平田喜信]
 滝の音は絶えて久しくなりぬれど名こそ流れてなほ聞こえけれ
『小町谷照彦著『王朝の歌人 7 藤原公任』(1985・集英社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ふじわら‐の‐きんとう【藤原公任】
平安中期の歌人、歌学者。中古三十六歌仙の一人。関白太政大臣頼忠の子。正二位権大納言に至り、四条大納言と称された。詩歌管弦に長じ、歌壇の中心となり、有職故実にも通じていた。家集に「公任集」があり、ほかに歌学書「新撰髄脳」「和歌九品」、撰集・秀歌撰「拾遺抄」「和漢朗詠集」「三十六人撰」など、故実書「北山抄」、また「大般若経字抄」など多数の著作がある。康保三~長久二年(九六六‐一〇四一

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

藤原公任
ふじわらのきんとう
966〜1041
平安中期の公卿・歌人
関白頼忠の子。別称四条大納言。参議。詩歌諸芸に通じ,四納言の一人に数えられる。有職故実書『北山抄 (ほくざんしよう) 』,歌学書『新撰髄脳 (しんせんずいのう) 』を著し,ほかに『和漢朗詠集』『拾遺和歌集』を撰んだ。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

藤原公任」の用語解説はコトバンクが提供しています。

藤原公任の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.