Rakuten infoseek

辞書

藍綬褒章【らんじゅほうしょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

藍綬褒章
らんじゅほうしょう
栄典制度」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

らんじゅ‐ほうしょう〔‐ホウシヤウ〕【藍×綬褒章】
公衆の利益公共事業事績著明な人に授与される褒章リボン)は藍色。明治14年(1881)制定

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

らんじゅほうしょう【藍綬褒章】
褒章の一。公衆の利益に寄与した者、または公共の事務に尽くした者に藍あい色の綬の記章とともに授与される。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

勲章・褒章がわかる事典

らんじゅほうしょう【藍綬褒章】
日本の褒章の一つ。1881年(明治14)の太政官布告第63号「褒章条例」によって制定され、教育、衛生事業、学校・病院の建設、道路・橋梁などの修築、田野の開墾、森林の栽培、水産の繁殖などに貢献した人に授与された。現在は、教育、医療、社会福祉、産業振興などの分野で公衆の利益を興した人、また、保護司、民生・児童委員、調停委員などの事務に尽力した人が対象となっている。範囲が広いため、毎回褒章の多くを占め、年間では約1000人が受賞している。対象が勲章と重なっていることもあり、2002年(平成14)8月の閣議決定「栄典制度の改革について」では、その整理が課題となった。◇英訳名はMedal with Blue Ribbon。

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

藍綬褒章
らんじゅほうしょう

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

らんじゅ‐ほうしょう ‥ホウシャウ【藍綬褒章】
〘名〙 褒章の一つ。明治一四年(一八八一)制定。教育、社会福祉、厚生事業など公共の利益に尽くした人に授与される褒章。藍色の綬をもって佩用。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

藍綬褒章」の用語解説はコトバンクが提供しています。

藍綬褒章の関連情報

他サービスで検索

「藍綬褒章」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.