Rakuten infoseek

辞書

薫陶【クントウ】

デジタル大辞泉

くん‐とう〔‐タウ〕【薫陶】
[名](スル)《香をたいて薫りを染み込ませ、土をこねて形を整えながら陶器を作り上げる意から》徳の力で人を感化し、教育すること。「薫陶のたまもの」
「しかし若い生徒を―するのは中々愉快なものですよ」〈野上真知子

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

くんとう【薫陶】
( 名 ) スル
〔香をたいてかおりをしみこませ、土をこねて形を整え陶器を作る意から〕
人徳・品位などで人を感化し、よい方に導くこと。 「よき-を受ける」 「儒教の中に-せられて/福翁百話 諭吉

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

くん‐とう ‥タウ【薫陶】
〘名〙 (香(こう)をたいてかおりをしみこませ、粘土(ねんど)をこね形をととのえて陶器を作る意から) 自己の徳で他人を感化すること。すぐれた人格で教え育て上げること。
※空華集(1359‐68頃)一二・序一万宗哀詞「朝而陶之、暮而琢礪之。繇是万宗之学益進才益茂」
※助左衛門四代記(1963)〈有吉佐和子〉五「くれぇまん先生の薫を受けた名残りは」 〔宋史‐程頤伝〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

薫陶」の用語解説はコトバンクが提供しています。

薫陶の関連情報

他サービスで検索

「薫陶」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.