Rakuten infoseek

辞書

薄茶【ウスチャ】

デジタル大辞泉

うす‐ちゃ【薄茶】
抹茶の一。製法は濃い茶と変わらないが、古木でないチャの葉から製するもの。また、それでたてた茶。濃い茶より抹茶の量を少なくする。おうす。→薄茶点前濃い茶
薄い茶色薄茶色

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

うすちゃ【薄茶】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

うすちゃ【薄茶】
薄茶用の抹茶まつちや。また、薄茶を点ずること。お薄うす。 ⇔ 濃茶こいちや
薄い茶色。薄茶色。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

飲み物がわかる辞典

うすちゃ【薄茶】

茶の湯で用いる抹茶の一種。また、これを用いた点前(てまえ)。おおむね茶杓2杯(1.2~1.7g)ほどの抹茶を柄杓に半量ほどの湯で溶かし、濃茶(こいちゃ)に比べてさらりとした薄い茶を泡立てるようにしてたてる。普通、1人前ずつたてて供する。抹茶は、茶の木に新芽が出たらよしずや稲わら、黒の寒冷紗(かんれいしゃ)(目の粗い薄地の織物)などで茶園をおおって20日程度直射日光を遮って育てた若い芽を用いるが、薄茶の栽培では濃茶ほど遮光性の高いおおいにせず、また、比較的樹齢の若い木を用いる。一般に濃茶よりもタンニンの含有量が多く、少し苦みや渋みがある。元来は、生産地で濃茶の碾茶を袋に入れて茶壺に納め、周囲の隙間に緩衝材として入れた茶をひいたもの。◇「おうす」ともいう。また、薄茶は「点()てる」という。⇒濃茶

出典:講談社
(C)Kodansha 2013.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

薄茶
うすちゃ
抹茶(まっちゃ)の一種であり、その抹茶を使用して点(た)てる薄茶点前(てまえ)の略称。濃茶(こいちゃ)に対する語。薄茶と濃茶とは茶質による違いであり、それによって点て方にも違いが生じる。葉茶壺(つぼ)に保存する場合、濃茶に使用する葉茶は白い袋に詰めて茶壺に入れるものであるが、その濃茶の袋が湿らないように、茶壺いっぱいに葉茶を詰め込み、茶壺の口の封をする。この中の葉茶の部分が薄茶となる。すなわち、濃茶に比べて質の劣る葉茶を粉末にして点てるのが薄茶である。一定した量ではないが、通常薄茶は、おおよそ一服1.75グラムほど使用するものである。濃茶に対する薄茶の語が生まれたのは、天文(てんぶん)年間(1532~55)と考えられる。[筒井紘一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

うす‐ちゃ【薄茶】
〘名〙 (「うすぢゃ」とも)
① 抹茶の一種。製法は濃茶(こいちゃ)と変わらないが、古木でない茶の葉から製したもの。また、それでたてた茶。濃茶より抹茶の分量を少なくしてたてる。おうす。⇔濃茶(こいちゃ)
※上井覚兼日記‐天正一一年(1583)三月五日「其後種々閑談共過候て、うす茶にて候」
※染物重宝記(1784)茶ぞめ惣名に品ある事(古事類苑・産業一五)「やなぎちゃ、うぐひす茶、〈略〉右五色を薄ちゃといふ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

うすちゃ‐・ける【薄茶】
〘自カ下一〙 薄く茶色がかる。
※雪国(1935‐47)〈川端康成〉「薄茶けた明りの下に」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

薄茶」の用語解説はコトバンクが提供しています。

薄茶の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.