Rakuten infoseek

辞書

薄縁【ウスベリ】

デジタル大辞泉

うす‐べり【薄縁】
布のをつけたござ。薄縁畳。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

うすべり【薄縁】
藺草いぐさで織った筵むしろに布の縁をつけた敷物。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

薄縁
うすべり
縁をつけた茣蓙(ござ)(畳表に使う藺蓆(いむしろ))。幅は約90センチメートル、長さは自由で、縁側などに長く敷き延べたり、幅をつなぎ合わせて板の間や座敷の上敷きなどに用いる。床の間にも敷く。模様を織り出した茣蓙を花茣蓙というが、これには縁をつけない。薄縁の先祖は平安時代の薄畳(うすじょう)である。薄畳は藺蓆の裏に薦(こも)を1枚重ねて縁をつけたもので、薦を2枚以上重ねると厚畳(あつじょう)になる。薄縁とよぶようになったのは室町時代ごろからのようである。[小泉和子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

うす‐べり【薄縁】
〘名〙 畳表に布でへりを付けた敷物。うすだたみ。縁取(へりとり)
※多聞院日記‐文明一〇年(1478)八月一四日「薄縁を舞殿之南方に北へ向て、東西へ二畳敷て」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

薄縁」の用語解説はコトバンクが提供しています。

薄縁の関連情報

他サービスで検索

「薄縁」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.