Rakuten infoseek

辞書

薄皮【ウスカワ】

デジタル大辞泉

うす‐かわ〔‐かは〕【薄皮】
薄い膜のような皮。
薄皮饅頭(まんじゅう)」の
女性などの、透き通るように色白の肌。
「鬢(びん)の毛半(なか)ば白くなっているが、全体―の色白で」〈小杉天外・初すがた〉
経木(きょうぎ)のこと。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はく‐ひ【薄皮】
薄い皮。うすかわ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

うすかわ【薄皮】
物の表面をおおう薄い膜。 枝豆の-
皮の薄い饅頭まんじゆうや餅。 -饅頭
女性などの皮膚が白く、きめの細かいこと。 顔の他の部分は日に焼けてはゐたが、-だけに却て見所が有つた/あひびき 四迷
経木きようぎのこと。
[句項目] 薄皮の剝けたよう

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はくひ【薄皮】
薄い皮。うすかわ。
外皮に同じ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

うす‐かわ ‥かは【薄皮】
〘名〙
① 物の表面をおおうごく薄い層。特に、皮膚についていうことが多い。。〔天正本節用集(1590)〕
※日本読本(1887)〈新保磐次〉五「卵のの内方に薄き皮あり。薄皮の内に白身あり」
② (形動) きめが細かく透き通るように色の白い皮膚(のさま)。かわうす。
日葡辞書(1603‐04)「Vsucauana(ウスカワナ) ヒト」
※宗及茶湯日記(自会記)‐天正三年(1575)六月九日「昼 うすかわ、さかな色々、さけ」
④ 薄い皮のミカン(日葡辞書(1603‐04))。
などの木材を薄く紙のように削ったもの。食品の包装に用いる。経木(きょうぎ)
※蟹工船(1929)〈小林多喜二〉一「飯粒のこびりついてゐる薄皮などが捨ててあった」
⑥ 薄い金属で作ったもの。うすがね。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はく‐ひ【薄皮】
〘名〙
① 薄い皮。うすかわ。〔撰集百縁経‐八〕
※造化妙々奇談(1879‐80)〈宮崎柳条〉五「周身の皮膚皆内外の異を分つ。其内なる者を真皮と云ひ、外なる者を薄皮(ハクヒ)と云ふ」
③ 原生動物の外質(エクトプラズマ)の最外部の透明・均質な膜状物。体形の保持とからだの保護に役立つ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

薄皮」の用語解説はコトバンクが提供しています。

薄皮の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.