Rakuten infoseek

辞書

薄田泣菫【すすきだきゅうきん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

薄田泣菫
すすきだきゅうきん
[生]1877.5.19. 岡山,大江連島
[没]1945.10.9. 倉敷
詩人,随筆家。本名,淳介。岡山中学校中退後上京して独学。 1897年『花密蔵難見 (はなみつにしてかくれてみえがたし) 』を総題とする詩 13編が島村抱月らに認められ,3年の病臥後発表の『暮笛集』 (1899) や,『ゆく春』 (1901) ,『公孫樹下にたちて』 (02) で島崎藤村の去った詩壇の第一人者となった。キーツに学びながら『海潮音』以後の象徴詩運動を推進し,日本の古語廃語を復活させて文語定型詩に定着させた功績は大きく,蒲原有明とともに新体詩の完成者として泣菫=有明時代をもたらした。特に詩集『白羊宮』中の『ああ大和にしあらましかば』 (05) や『望郷の歌』 (06) は,詩形ブラウニング,ゲーテに借りて格調高く大和の風物をさながら彷彿させる傑作で,ロマンの趣を秘めた古典美の極致を完成している。また,七五調以外に,八六調その他の新律を試みたり,ソネット形式を導入した形式の追求も見逃せない。『茶話全集』 (24) ,『艸 (そう) 木虫魚』 (29) などのすぐれた随筆集も残した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

すすきだ‐きゅうきん〔‐キフキン〕【薄田泣菫】
[1877~1945]詩人・随筆家。岡山の生まれ。本名、淳介。蒲原有明(かんばらありあけ)とともに近代詩の一時代を画した。詩集「暮笛集」「ゆく春」「白羊宮」、随筆集「茶話(ちゃばなし)」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

薄田泣菫 すすきだ-きゅうきん
1877-1945 明治-昭和時代前期の詩人,随筆家。
明治10年5月19日生まれ。岡山中学中退後上京し,独学。明治32年第1詩集「暮笛集」を刊行。「ゆく春」「白羊宮」などにより明治30年代の代表的詩人として蒲原有明(かんばら-ありあけ)とならび称された。大正元年大阪毎日新聞社に入社。以後「茶話」などの随筆をかいた。昭和20年10月9日死去。69歳。岡山県出身。本名は淳介。
【格言など】ああ,大和にしあらましかば,いま神無月(かみなづき)(「白羊宮」)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

デジタル大辞泉プラス

薄田泣菫
国文学者の松村緑による詩人・薄田泣菫の評伝。1957年刊行。第6回日本エッセイスト・クラブ賞受賞。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

すすきだきゅうきん【薄田泣菫】
1877‐1945(明治10‐昭和20)
明治期の詩人,随筆家。岡山県生れ。本名淳介。岡山中学を二年で中退,東京で3年間ほど苦学して文学的教養を身につけた後は,関西に住む。20歳のとき,J.キーツやW.ワーズワースの影響による日本最初のソネット形式のものを含む雑誌投稿の詩作で認められ,1899年(明治32)刊の第1詩集《暮笛(ぼてき)集》によって詩壇的地位を確立,やがて島崎藤村,土井晩翠に続く時期の代表的詩人となった。1901年の《ゆく春》,05年の《二十五絃》,06年の《白羊宮》などの詩集では,浪漫詩から象徴詩にわたる詩風のうちに,古語や死語を復活採用して詩語を豊かにすると同時に,さまざまな新詩律を試みて,蒲原有明とともに文語定型詩の完成に貢献した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

すすきだきゅうきん【薄田泣菫】
1877~1945) 詩人・随筆家。岡山県生まれ。本名、淳介。独学で英詩に親しむ。古語を駆使した古典的浪漫的な文語定型詩を「白羊宮」で完成、蒲原有明とともに明治末期詩壇に一時代を画した。詩集「暮笛集」「ゆく春」「二十五絃」、随筆集「茶話」「艸木虫魚」など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

すすきだ‐きゅうきん【薄田泣菫】
詩人、随筆家。本名淳介。岡山県出身。象徴派詩人として有明・泣菫の時代を作る。のち、随筆に転じた。詩集に「暮笛集」「ゆく春」「二十五絃」「白羊宮」など、随筆集に「茶話」「艸木虫魚」など。明治一〇~昭和二〇年(一八七七‐一九四五

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

薄田泣菫」の用語解説はコトバンクが提供しています。

薄田泣菫の関連情報

関連キーワード

おもなお雇い外国人ドガ主義西郷隆盛菊池大麓杵屋六左衛門西南戦争チャイコフスキーピサロホプキンズ

他サービスで検索

「薄田泣菫」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.