Rakuten infoseek

辞書

薄片【ハクヘン】

デジタル大辞泉

はく‐へん【薄片】
薄いかけら。平たい切れはし。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

はくへん【薄片】
薄いかけらや切れはし。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

うすっ‐ぺら【薄片】
〘形動〙 (「うすぺら片)」を強調した語)
① 物の厚みが乏しく貧弱な感じのするさま。うすぺら。
※俳諧・七番日記‐文化一二年(1815)一一月「初物ぞうすっぺらでもおれが雪」
② 知識、思慮などの内容が貧弱で、上っ調子なさま。うすぺら。
※洒落本・匂ひ嚢(1801)二「あんまり早くおれるのもうすっへらなよふだけれ共」
※当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉一〇「受売の論説にて、〈略〉はなはだ薄(ウス)っぺらなつけやきばなり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

うすっ‐ぺら・い【薄片】
〘形口〙 (「うすっぺら」の形容詞化)
① 物の厚みが乏しく貧弱な感じがする。
蟹工船(1929)〈小林多喜二〉一〇「薄っぺらい布団に包まって」
② 知識や思慮などが深くない。浅薄である。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

うす‐ぺら【薄片】
〘形動〙
滑稽本東海道中膝栗毛(1802‐09)二「うすへらなるふとんのやふなもの」
※春迺屋漫筆(1891)〈坪内逍遙〉壱円紙幣の履歴ばなし「本来の薄(ウス)ぺら其身貴からざれば」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はく‐へん【薄片】
〘名〙
① うすいかけら。うすい切れ端。
※本朝食鑑(1697)二「豆腐〈略〉有六条者豆腐条片晒乾経日候略堅乾細切作薄片而用之」
② 顕微鏡で見るために薄くした標本。〔英和和英地学字彙(1914)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

薄片」の用語解説はコトバンクが提供しています。

薄片の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.