Rakuten infoseek

辞書

蕨市【わらび】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

蕨〔市〕
わらび
埼玉県南東部,荒川左岸の沖積地にある市。 1959年市制。市街地は自然堤防上に発達し,江戸時代には中山道宿駅として繁栄するとともに綿織物双子縞を中心とした織物業が発達した。 1893年国電 (現 JR) 京浜東北線の駅が開設されて駅前地区が発達。現在,伝統の繊維工業が行われるほか,工業団地が建設され,車両,機械,電線,染色などの大工場が進出している。東京に近く,宅地化の進行に伴い人口増加が著しく,面積の狭いことも相まって県内最高,全国屈指の過密都市である。南北朝時代の蕨城跡があり,県指定の史跡。面積 5.11km2。人口 7万2260(2015)。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

わらび‐し【蕨市】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

蕨市」の用語解説はコトバンクが提供しています。

蕨市の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.