Rakuten infoseek

辞書

蕉風【しょうふう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

蕉風
しょうふう
俳諧用語。松尾芭蕉俳風の意。蕉門俳人は自分たちの俳風を「正風」と称した。これは自己の風を天下の正風と誇示することで,必ずしも風の独占的用語ではない。「蕉風」の語は,麦水の『蕉門一夜口授』 (1773) 以来一般的に用いられるようになった。歴史的にみると芭蕉の俳風は,延宝以前は貞門談林と変らず,貞享の『冬の日』に確立され,『猿蓑』に「さび」の境地が円熟深化し,晩年の『炭俵』では「かるみ」へと変化した。蕉風の理念の中心は,「さび」「しをり」「ほそみ」である。また連句については,貞門の物付 (ものづけ) ,談林の心付 (こころづけ) から飛躍的に進歩し,「匂ひ」「響き」「うつり」という微妙な風韻,気合いの呼応を重んじた。このように内面的なものを重視するから,発句における切字 (きれじ) ,連句における去嫌 (さりきらい) などの形式的制約には比較的自由寛大である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しょう‐ふう〔セウ‐〕【×蕉風】
松尾芭蕉およびその門流の俳風。寂(さび)撓(しお)り細み軽みを重んじて幽玄閑寂の境地を求め、連句付合(つけあい)には、移り響き匂(にお)い位(くらい)などの象徴的手法を用い、俳諧を真の詩文芸として発展させた。正風。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しょうふう【蕉風】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しょうふう【蕉風】
松尾芭蕉およびその門流の信奉する俳風。美的理念としては幽玄・閑寂を重んじ、さび・しおり・細み・かるみを尊ぶ。また、付合つけあいでは、それまでの物付け・心付けに対し、におい・うつり・ひびき・位など、余情・風韻を重視する匂におい付けを創出した。正風。蕉流。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

蕉風
しょうふう
俳諧(はいかい)史用語。芭蕉(ばしょう)によって主導された蕉門の俳風をいう。芭蕉以前の俳諧は、ことばのうえの洒落(しゃれ)やおかしみを主とした貞門(ていもん)風や、素材・表現の奇抜さに知的な興味を示した談林(だんりん)風のように、遊戯的な傾向が強かったが、芭蕉によってその文芸としての質が一変し、真に芸術的意義を確立するに至った。
 蕉風発生の兆しは、天和(てんな)年間(1681~84)の漢詩文調俳諧流行を背景にした『次韻(じいん)』『虚栗(みなしぐり)』にうかがえるが、1684年(貞享1)に成った『冬の日』においてほぼ確立された。絶えず新しい境地を開拓し続けた芭蕉は、その後『阿羅野(あらの)』『ひさご』を経て、1691年(元禄4)刊の『猿蓑(さるみの)』においてもっとも円熟期を示し、さらに最晩年の『炭俵(すみだわら)』『続猿蓑(ぞくさるみの)』に至ると平明な「軽み」の風調をよしとするようになった。蕉風のあり方は、芭蕉没後門下にさまざまに論じられ、また18世紀後半(安永(あんえい)・天明(てんめい)期)には、蕪村(ぶそん)らによる蕉風復興運動において再認識され、さらに幕末から近代にあっても、いろいろな態度で引き継がれていった。
 蕉風の特色は、発句に言外の余情(しをり)を説き、連句に余韻(にほひ)の映発による高次の付合(つけあい)を案出したことにある。具体的には、表現におけるイメージの形象性を重視した描写型の表現を確立し、そのイメージとイメージの映発のうちに生ずる微妙な情調を「さび」と称して尊重し、また、そうした「景」と「情」の融合した表現を導くものとして、主(作者)と客(対象)との一体化による「まこと」の精神が提唱された。晩年の「軽み」は、これをいっそう徹底したものといえる。[堀切 實]
『宮本三郎著『蕉風俳諧論考』(1974・笠間書院) ▽堀切實著『蕉風俳論の研究』(1982・明治書院)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しょう‐ふう セウ‥【蕉風】
〘名〙 俳諧で、松尾芭蕉およびその門流の俳風をいう俳諧史的な呼称。幽玄・閑寂の境地を主とし、さび・しおり・細み・軽みを尊ぶ。また、付句の付け様は、におい・うつり・ひびき・くらいなど、微妙複雑な余情・風韻やイメージのかかわり、対応によってはこび、賦物(ふしもの)・去嫌(さりきらい)など形式的外面的制約に対しては、かなり自由柔軟な姿勢になっている。正風。蕉流。
※俳諧・蕉門一夜口授(1773)「貞享元年の頃は、翁、貞徳の風を離れ、此蕉風の一門を起す始也」
[語誌](1)この語が使われはじめたのは、芭蕉および蕉門の俳諧の意義を再認識するようになった江戸中期になってのことと考えられる。
(2)芭蕉回帰・蕉門復興のなかで蕉風こそ不易の俳風であると考えられて、音読みの一致とあいまって、蕉風=正風の価値観が作り上げられていった。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

蕉風」の用語解説はコトバンクが提供しています。

蕉風の関連情報

他サービスで検索

「蕉風」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.