Rakuten infoseek

辞書

蕃書調所【ばんしょしらべしょ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

蕃書調所
ばんしょしらべしょ
江戸時代末期,幕府が設けた洋学研究機関。安政2 (1855) 年洋学所設置の決定に基づき,同4年開校され,洋学の教授,外交文書の翻訳などを司った。のち文久2 (62) 年洋書調所,さらに翌年には開成所改称され,明治維新後は大学南校の母体となり,やがて開成学校,東京開成学校を経て東京大学へと発展をとげた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ばんしょ‐しらべしょ【蕃書調所】
江戸末期、幕府が洋学教授および洋書・外交文書の翻訳などのために設けた機関。安政2年(1855)洋学所として設立。安政4年(1857)開校。のち、洋書調所を経て開成所となる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ばんしょしらべしょ【蕃書調所】
幕末に幕府が設けた洋学の教育研究機関。1853年(嘉永6)幕府がペリー艦隊の威力の前に屈服した結果,外交事務がにわかに多忙となり,そのため専任の外交担当官と翻訳官の養成を迫られた。またこれとならんで軍備の充実が緊急な課題となった。そこでこれに対処するため洋学校の設立を図り,55年(安政2)に古賀増を洋学所頭取に任命し,翌年2月に洋学所を蕃書調所と改称,九段坂下の旗本屋敷を改修して校舎にあて,同年7月に開所,翌57年1月から開講した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ばんしょしらべしょ【蕃書調所】
江戸末期、幕府が設けた洋学の研究・教育施設。外交文書の翻訳をも行なった。1855年洋学所として江戸九段坂下に設立。のち神田一ッ橋に移され、名称も蕃書調所、洋書調所、さらに開成所と変更され、東京大学の前身校の一つとなる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

蕃書調所
ばんしょしらべしょ
江戸幕府の洋学研究教育機関。1853年(嘉永6)のペリー来航を契機に幕府は外交・軍事面の充実を図り、その一策として洋学を取り扱う機関の設置を計画した。55年(安政2)洋学所という仮称のもとに頭取(とうどり)古賀謹一郎を中心として準備が開始され、56年蕃書調所という名で開業、57年1月授業も開始された。同所の任務には、洋書洋文の翻訳・研究、洋学教育、洋書・翻訳書などの検閲、印刷・出版、一部の技術伝習があり、これを担当する教授方には、箕作阮甫(みつくりげんぽ)、杉田成卿(せいけい)、松木弘安(こうあん)(寺島宗則(むねのり))、村田蔵六(ぞうろく)(大村益次郎)ら著名な洋学者が任ぜられた。当初、設置科目は蘭学(らんがく)1科であったが、60年(万延1)より62年(文久2)にかけ、英・仏・独の外国語、および精煉(せいれん)・器械・物産・数学などの科学技術部門諸科が次々に開設された。構舎は初め江戸九段坂下にあったが、59年(安政6)に小川町へ、62年に一橋(ひとつばし)門外へ移転した。蕃書調所は62年に洋書調所、63年に開成所と名称を変え、維新後は明治政府に移管され東京大学の前身校の一つとなった。[宮崎ふみ子]
『大久保利謙著『日本の大学』(1943・創元社) ▽沼田次郎著『幕末洋学史』(1950・刀江書院) ▽沼田次郎著『洋学伝来の歴史』(1960・至文堂)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ばんしょ‐しらべしょ【蕃書調所】
江戸末期、幕府が設けた学校。洋学を教授し、洋書および外交文書を翻訳した。安政二年(一八五五)洋学所として江戸神田小川町に開校、翌年蕃書調所と改称。文久二年(一八六二)神田一ツ橋門外に移転、洋書調所と改め、翌年開成所と改称。はじめ旗本の子弟のみ、のち諸藩士をも生徒とし、蘭学のほか、英語・フランス語・ドイツ語・ロシア語を教授、物産局を設けた。明治維新後、官立開成学校、大学南校、東京開成学校を経て東京大学となる。蕃書取調所。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

蕃書調所」の用語解説はコトバンクが提供しています。

蕃書調所の関連情報

他サービスで検索

「蕃書調所」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.