Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

蔵書票【ゾウショヒョウ】

デジタル大辞泉

ぞうしょ‐ひょう〔ザウシヨヘウ〕【蔵書票】
書物の所蔵者を示すため、表紙裏などにはる紙片エクスリブリス

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぞうしょひょう【蔵書票】
本の表紙裏にはりつける小紙片で,所蔵者の好む図案をほどこし,所蔵者名のほか,書物に関する標語などを印刷したもの。まれに皮片を用いることもある。ラテン語のエクス・リブリスex librisは〈だれそれの蔵書から〉の意。英米では,〈ブックプレートbookplate〉ともいい,最近日本では単に〈書票〉という場合もある。15世紀の中期ヨーロッパではじめて用いられたが,東洋でもそれとは関係なしに,17世紀ころから蔵書印の一種として使用された。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

蔵書票
ぞうしょひょう
bookplate

図書の所蔵者を明示するために、図書の見返しなどに貼(は)るラベル。エクス・リブリスex libris(ラテン語、「~の蔵書から」の意)ともいう。所蔵者名は、図柄のなかにはっきりと示されていることもあるし、図柄と標語で暗示したりすることもあるが、いずれにしても銅版、木版、石版などで趣味を凝らして刷られている。そのほか、大学図書館が図書の寄贈者に対して感謝の気持ちを表すために貼るラベルも一種の蔵書票である。ヨーロッパでは15世紀中ごろ以来の習慣であるが、日本では蔵書印ほど一般的ではない。

[高野 彰]

『寿岳文章著『書物の共和国』(『寿岳文章・しづ著作集6』1970・春秋社)』『樋田直人著『蔵書票の美』(1986・小学館)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

図書館情報学用語辞典 第5版

蔵書票
所有者を明らかにするために本の見返しに貼付する,小さな紙片.書票ともいう.一般に所有者名とともに紋章,標語,金言図柄,絵などが美しくデザインされている.15世紀の中頃ヨーロッパで始まり,日本には明治期にもたらされた.特別のコレクションや個人の愛蔵書などに使われることが多い.製作技法は多様で,ことに日本独自の伝統を生かした板目木版型染孔版などによる多色刷りの作品は,小版画,小美術品として愛好者も多い.日本書票協会,国際書票連盟(FISAE: Fédération Internationale des Sociétés d’Amateurs d’Ex-Libris)がある.

出典:図書館情報学用語辞典 第4版
©All Rights Reserved, Copyright Nihon Toshokan Joho Gakkai, 2013 編者:日本図書館情報学会用語辞典編集委員会 編
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぞうしょ‐ひょう ザウショヘウ【蔵書票】
〘名〙 所蔵者を示すため、書物にはりつける小さい紙のふだ。エクスリブリス。
※学生と読書(1938)〈河合栄治郎編〉購書と蔵書〈山田珠樹〉「とにかく蔵書印及蔵書票には古今いろいろの例があるから」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

蔵書票」の用語解説はコトバンクが提供しています。

蔵書票の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.