Rakuten infoseek

辞書

蔵書印【ゾウショイン】

デジタル大辞泉

ぞうしょ‐いん〔ザウシヨ‐〕【蔵書印】
蔵書に押して、その所有を示す

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぞうしょいん【蔵書印】
書物の所蔵者が所蔵の本に押印して所有をあらわす印章。東洋に発達したもので,印材には玉,石,金属,骨,牙,貝殻,木,竹などが用いられた。日本の蔵書印で古いものは,正倉院御物にみる光明皇后(701‐760)の〈積善藤家〉〈内家私印〉などが知られ,また,横浜市の金沢称名寺の〈金沢(かねさわ)文庫〉という長方形の2種が著名である。蔵書印はだいたい蔵書家の姓か,雅号か姓名または文庫名を入れたものが多いが,ときには書物に対する希望や警句などを入れたものもある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ぞうしょいん【蔵書印】
その所蔵者を明らかにするために書籍に押した印。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

蔵書印
ぞうしょいん
書籍の所有を明らかにするために、所蔵書に押捺(おうなつ)する印章をいう。蔵書票がヨーロッパで行われたのに対し、蔵書印は東洋で発達した。中国の影響を受け、わが国では奈良時代からの存在が知られており、光明(こうみょう)皇后の「積善藤家」「内家私印」や、「東大寺印」「西大寺印」が古い例である。蔵書印は明治初期まで盛んに用いられたが、書籍の伝来や価値を判定するうえで重要な資料となる場合が少なくない。印材には玉(ぎょく)・石、銅・金・銀などの金属、象牙(ぞうげ)、竹、木などが用いられたが、形態、印文、書体は多種多様である。印肉は朱、墨、緑、茶など各種のものが使われている。[朝倉治彦]
『小野則秋著『日本の蔵書印』(1977・臨川書店)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

図書館情報学用語辞典

蔵書印
所蔵を示すために図書に押された印影または印判.押印の目的は集書の散逸を防ぐことにあるが,自分以外の読者の目に触れることを意識しての面もある.書物に印を押す習慣は,中国から日本へ移入され普及した.印の大きさ,形状,意匠などはさまざまである.図書館の蔵書印には図書館名が彫られているが,今日では,加えて受入登録番号や受入年月などをセットして,蔵書印としたものも見られる.欧米では,蔵書印に代わるものとして蔵書票がある.

出典:図書館情報学用語辞典 第4版
©All Rights Reserved, Copyright Nihon Toshokan Joho Gakkai, 2013 編者:日本図書館情報学会用語辞典編集委員会 編
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぞうしょ‐いん ザウショ‥【蔵書印】
〘名〙 蔵書に押して、その所有を表わす印章。
※春城随筆(1926)〈市島春城〉雅俗相半録「書籍を大切にする人が自己の姓名や雅号を刻した蔵書印を押すことは昔も今も変りが無い」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

蔵書印」の用語解説はコトバンクが提供しています。

蔵書印の関連情報

他サービスで検索

「蔵書印」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.