Rakuten infoseek

辞書

蔵屋敷【くらやしき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

蔵屋敷
くらやしき
江戸時代,幕府大名旗本社寺諸藩重臣などが年貢米や自己の領地特産物を販売するために設置した倉庫兼取引所。商品経済が発達してくると諸大名は年貢米や諸物産を売ってその代金で藩財政をまかなった。そのため蔵屋敷江戸大坂大津敦賀京都長崎などの商業の中心地におかれ,なかでも「天下台所」といわれた大坂には多かった。大坂の蔵屋敷は中之島堂島地域に最も多く,天保年間 (1830~44) には 124を数え瀬戸内海以西の大名がその多くを占めた。それに対し江戸には関東,東北方面の大名が蔵屋敷を多くもっていた。蔵屋敷は,蔵役人,名代,蔵元銀掛屋,用聞,用達などで構成されていた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

くら‐やしき【蔵屋敷】
江戸時代、幕府・諸大名・寺社などが年貢米・特産物などを収納し、販売・換金するために設けた。大坂・江戸・京都・大津・敦賀・酒田・長崎などにあり、特に大坂に多かった。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

くらやしき【蔵屋敷】
江戸時代,大名(藩),旗本などの諸領主が,貢租米や領内の特産品を販売するために,大坂,大津,堺,敦賀,江戸,長崎などの諸都市に設置した倉庫兼販売機関のことをいう。蔵屋敷を通じて販売される諸品を総称して蔵物(くらもの)と呼ぶが,その中心は貢租米であり,特産品としては砂糖,藍玉,紙,畳表などがあった。通常,蔵屋敷には蔵役人,名代(みようだい),蔵元掛屋,用聞(ようきき),用達(ようたし)と呼ばれる構成員がいた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

くらやしき【蔵屋敷】
江戸時代、諸大名が年貢米や特産物を売りさばくために江戸・大坂・大津などに設けた、倉庫と取引所を兼ねた屋敷。特に、大坂に集中した。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

蔵屋敷
くらやしき
江戸時代において、大名、幕府、旗本、社寺、諸藩家臣が貢租米その他国産物を売却するため設置した屋敷で、倉庫を付設する。大坂、江戸、大津、敦賀(つるが)、長崎など商業、金融上の要衝に置かれたが、ことに大坂で発達し、17世紀後半以降、中之島、土佐堀(とさぼり)川、天満(てんま)堀川、江戸堀川沿岸に数多く設置され、元禄(げんろく)(1688~1704)ごろには約100、幕末には約125存在した。蔵屋敷の主たる役割は、(1)蔵物(くらもの)を売却すること、(2)領内非自給物資を調達すること、(3)借銀をすることであった。蔵屋敷を通じて販売される物資を蔵物というが、その最大のものは貢租米、蔵米であり、大坂では17世紀後半以降、毎年100万~150万石の蔵米が販売された。蔵物の売却は入札制で行われ、入札に参加できる仲買は蔵ごとに指定されていた。これを蔵名前(くらなまえ)という。落札した仲買は代銀を掛屋(かけや)に納め、掛屋はその代銀受取証すなわち銀切手を発行、銀切手は蔵元(くらもと)で米切手と交換された。米切手所有者は蔵元にこれを持参すれば、現米を請求することができた。掛屋は蔵物販売代銀を保管し、必要に応じて大名の国許(くにもと)や江戸藩邸に送金したほか、蔵物を担保として大名貸を行った。このほか蔵屋敷には名代(みょうだい)、用聞(ようきき)、用達(ようたし)、館入(たちいり)といった関係町人がおり、また留守居(るすい)ほか蔵関係役人がいた。堂島(どうじま)米会所は、蔵屋敷から発行される米切手の売買機関であった。蔵屋敷は廃藩置県後、廃止となり、その多くは払い下げられた。[宮本又郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

くら‐やしき【蔵屋敷】
〘名〙 江戸時代、幕府、諸大名が年貢米や国産物を販売するために設けた倉庫兼取引所。江戸、大津、敦賀、長崎などにも置かれたが、商業、金融の中心地であった大坂が最も多く、一七世紀後半の延宝年間(一六七三‐八一)には九一、幕末の天保年間(一八三〇‐四四)には一二四の蔵屋敷を数えた。各領主は蔵役人を派遣して蔵物の処分にあたった。蔵役所。
梅津政景日記‐慶長一九年(1614)七月一六日「奉行屋敷・御蔵屋敷・入役所為目聞参候」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

蔵屋敷」の用語解説はコトバンクが提供しています。

蔵屋敷の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.