Rakuten infoseek

辞書

蔵人所【くろうどどころ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

蔵人所
くろうどどころ
弘仁1 (810) 年に設置された令外官大同4 (809) 年に譲位した平城上皇藤原仲成,薬子らと結びかなりの勢力をもって嵯峨天皇に対抗していた (→薬子の変 ) 。嵯峨天皇は,この上皇の策動を封じるため,令制の機関によらず,藤原冬嗣巨勢野足の2人を蔵人頭に任命し,天皇直属の機関として機密文書の保管にあたらせた。これが蔵人所の起りである。以後,常置のものとなり,別当1人,頭2人,五位蔵人3人,六位蔵人4人または5人の職員がおかれ,重要かつ大きな組織となり,執奏,詔勅伝宣などにも関与し,少納言侍従職務にまで立入るほどであった。明治維新まで存続した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

くろうど‐どころ〔くらうど‐〕【人所】
平安初期に設置された令外(りょうげ)の官。天皇と天皇家に関する私的な要件の処理や宮中物資調達警備などをつかさどった。平安中期以後に職制が整い、別当蔵人頭(くろうどのとう)蔵人出納小舎人(こどねり)非蔵人雑色(ぞうしき)などの職員がいた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

くろうどどころ【蔵人所】
810年(弘仁1)3月,嵯峨天皇によって設置された令外の官職。明治維新後に廃止されるまで,原則として各天皇の代ごとに改補,常置された。
[成立事情]
 当時,嵯峨天皇と平城上皇の間には,いわゆる〈薬子の変〉へと展開してゆく深刻な対立関係があり,嵯峨天皇は,側近を蔵人として殿上近侍させることによって,みずからの体制固めを行った。これが蔵人所のはじまりである。設置当初の蔵人頭としては藤原冬嗣,巨勢野足,蔵人としては朝野鹿取清原夏野,百済王勝義らの名がみえる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

くろうどどころ【蔵人所】
810年、嵯峨天皇によって設置された令外の官司の蔵人が事務を執る役所。職員として別当・頭・五位蔵人・六位蔵人・出納・雑色などが置かれた。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

蔵人所
くろうどどころ
令外官司(りょうげのかんし)の一つ。天皇の家政機関。810年(弘仁1)嵯峨(さが)天皇は初めて殿上(てんじょう)の侍臣を蔵人所に置き、機密の文書などをつかさどらせた。蔵人所の新設は薬子(くすこ)の変と関係があり、平城(へいぜい)上皇方に機密が漏れるのを防ぐため、腹心の藤原冬嗣(ふゆつぐ)、巨勢野足(こせののたり)らを蔵人頭(くろうどのとう)に任命したといわれる。以後、もっぱら天皇に近侍して、詔勅を諸司に伝達し、令制(りょうせい)の内侍(ないし)、中務(なかつかさ)、少納言(しょうなごん)、侍従などの職務にも関与し、殿上の諸事を切り回すようになった。その職員には別当1人、頭2人、蔵人8人、非蔵人4~6人、雑色(ぞうしき)8人、所衆(ところのしゅう)20人、出納(すいのう)3人、小舎人(こどねり)6~12人、滝口(たきぐち)10~30人、鷹飼(たかがい)10人などがある。別当は897年(寛平9)に大納言(だいなごん)藤原時平(ときひら)がなったのが初見。当初は中納言以上の公卿(くぎょう)が任命されているが、のちには一の上(かみ)がなるのが一般である。頭は殿上の諸事を切り回す事実上の担い手で、四位の殿上人をもって任命した。弁官より選ばれたものを頭弁(とうのべん)、近衛次将(このえのじしょう)から選ばれたものを頭中将(とうのちゅうじょう)という。頭は劇務であったが、参議への昇進も早かった。蔵人は888年(仁和4)位階によって分け、五位蔵人2人、六位蔵人6人とした。平安後期には五位3人、六位5人となる。非蔵人は蔵人の事務見習いのようなもの。雑色は非蔵人とともに六位蔵人に進む。所衆は殿上の雑事に従事し、また雑色、小舎人らとともに諸使を勤める。出納は蔵人所から発給する牒(ちょう)、下文(くだしぶみ)などの文書を作成し、署名する。滝口は主として内裏の警護にあたる。[渡辺直彦]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

くろうど‐どころ くらうど‥【蔵人所】
〘名〙 平安時代、大同五年(八一〇)三月、嵯峨天皇によって設置された令外(りょうげ)の官。天皇と天皇家に関する私的な要件について、進奏、詔勅の伝宣を行ない、天皇身辺の雑事や宮中における物資の調達、儀式の奉行や宮中の整備取締りをするなど、昇殿者の統率と宮中諸雑事処理の中心であった。平安中期以後の整備された頃の職員に、別当以下、蔵人頭、五位・六位蔵人、出納、小舎人、非蔵人、雑色、所衆、滝口、鷹飼などがあった。なお平安後期には、院、女院、摂関家などにも蔵人がおかれた。
※古今(905‐914)秋上・二三八・詞書「寛平御時、蔵人所のをのこども、さが野に花みんと」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

蔵人所
くろうどどころ
平安初期に設置された令外官の一つ
810年薬子のを機に嵯峨天皇が朝廷の機密保持機関として創設し,藤原冬嗣・巨勢野足 (こせののたり) を蔵人頭に任じたことに始まる。天皇直属の役所として,宮中の諸行事を取り締まった。職員は別当・蔵人頭・五位蔵人・六位蔵人・雑色 (ぞうしき) ・小舎人 (こどねり) などからなり,これにより少納言・侍従の職務は実質を失った。江戸末期まで存続。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

蔵人所」の用語解説はコトバンクが提供しています。

蔵人所の関連情報

関連キーワード

弘仁坂上田村麻呂藤原薬子藤原仲成仁明天皇藤原薬子藤原薬子大同ゴッドフレッド団塊の世代

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.