Rakuten infoseek

辞書

蓮如【れんにょ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

蓮如
れんにょ
[生]応永22 (1415).2.25. 京都
[没]明応8 (1499).3.25. 山科
室町時代の浄土真宗中興の本願寺第8世。第7世存如とその召使の女性との間に生まれ,幼名は布袋丸。17歳のとき青蓮院尊応の室に入り,次いで大谷の草庵で宗義をきわめ,文安4(1447)年に関東に下り,親鸞の遺跡を拝した。長禄1(1457)年に本願寺の宗統を継ぎ,門徒の教化に努め,日常語で宗学の要を説いた。精力的かつ現実に対応するやわらかい頭脳と,人間的魅力によって教化に成功し,教団を拡大した。東北各地の旅ののち文明3(1471)年に越前吉崎に道場を設け,北陸の教化に努めた。明応5(1496)年大坂に石山別院を営んだ。1882年に慧燈大師と勅諡された。書『正信偈大意』『御文御文章)』『領解文』など。蓮如の教示の文章を東本願寺では「おふみ」と呼び,西本願寺では「ごぶんしょう」と呼ぶ。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

れんにょ【蓮如】
[1415~1499]室町中期の浄土真宗本願寺第8世。京都の人。諱(いみな)は兼寿。号、信証院諡号(しごう)は慧灯大師宗旨を平易な文で説く「御文(おふみ)(御文章)」を送って布教し、門徒派の組織化に尽力比叡山衆徒により本願寺が破却されて越前吉崎に住し、のち畿内に戻り、山科に本願寺を再興晩年は大坂に石山別院を建立した。著「正信偈大意」。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

蓮如 れんにょ
1415-1499 室町-戦国時代の僧。
応永22年2月25日生まれ。存如(ぞんにょ)の長男。浄土真宗中興の祖。青蓮院(しょうれんいん)で得度し,中納言広橋兼郷の猶子(ゆうし)となる。康正(こうしょう)3年本願寺8世をつぐ。比叡山(ひえいざん)延暦(えんりゃく)寺の衆徒の襲撃をさけて文明3年(1471)越前(えちぜん)(福井県)吉崎に道場をひらき,「御文(おふみ)」(御文章(ごぶんしょう))をしたためて布教につとめる。10年山城(京都府)山科(やましな)に本願寺を再興。長享2年の加賀一向一揆(いっき)では宗徒の暴発をいさめた。晩年大坂石山に坊舎をたて妻子と隠棲した。明応8年3月25日死去。85歳。京都出身。法名は兼寿。号は信証院。諡号(しごう)は慧灯(えとう)大師。著作に「正信偈(しょうしんげ)註釈」など。
【格言など】されば朝(あした)には紅顔ありて,夕(ゆうべ)には白骨となれる身なり(「御文」)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

デジタル大辞泉プラス

蓮如
丹羽文雄の長編小説。1971年から10年にわたり「中央公論連載単行本は全8巻。1983年、第36回野間文芸賞受賞。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

れんにょ【蓮如】
1415‐99(応永22‐明応8)
室町時代の僧。本願寺第8世。諱(いみな)は兼寿,号を信証院と称す。京都東山山麓の大谷本願寺で生まれる。父は本願寺第7世存如,母は存如の母(一説に存如)に給仕した女性と伝える。蓮如6歳の1420年(応永27),生母は本願寺を退出し,生国備後鞆ノ浦(一説に豊後望都)に帰ったという。蓮如幼年期の本願寺は,仏光寺の隆盛に比し,不振の極にあった。15歳で一宗再興のをおこし,31年(永享3)青蓮院で得度し,中納言広橋兼郷の猶子となる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

れんにょ【蓮如】
1415~1499 室町中期の僧。本願寺第八世。浄土真宗中興の祖。諱いみなは兼寿、号は信証院、諡号しごうは慧灯大師。第七世存如の長男。比叡山僧徒のため大谷廟が破却されたのち、近江堅田、ついで越前吉崎に移り、「御文おふみ」を通じて北陸一帯の教化に努め、加賀一国は門徒領国化した。やがて山科に本願寺を再興し教勢大いに振るった。晩年には大坂石山に坊舎を造った。 → 一向一揆

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

蓮如
れんにょ
(1415―1499)
室町時代の僧。真宗本願寺第8世宗主で、中興の祖と称される。幼名幸亭、布袋、諱(いみな)は兼寿(けんじゅ)。信証院と称し、1882年(明治15)に慧燈(えとう)大師の諡号(しごう)を受ける。本願寺第7世存如(ぞんにょ)(1396―1457)の長子として生まれたが、生母は不詳。6歳のとき母に別れ、衰微した本願寺で困窮のうちに成長し、15歳にして一宗再興の志願をたてたという。17歳で青蓮院(しょうれんいん)で得度して修学に励み、また父を助けて聖教書写などを行い、1449年(宝徳1)35歳のとき、父とともに北陸から関東・東北を巡化(じゅんげ)。父存如が1457年(長禄1)に没すると、異母弟との争いののち本願寺第8世を継職した。その直後から近江(おうみ)(滋賀県)を中心に活発に布教を開始したため叡山(えいざん)の反感を受け、1465年(寛正6)には本願寺を破却された。1471年(文明3)越前(えちぜん)(福井県)の吉崎(よしざき)に道場(吉崎御坊)を開いて住するや、1~2年のうちに門徒が群集し、寺内町が形成された。それには、消息(しょうそく)形式で教義を平易に説いた『御文(おふみ)』(『御文章(ごぶんしょう)』)とよばれる伝道文書や、『正信偈和讃(しょうしんげわさん)』の開板などの、独創的教化活動が大きな力となっていた。
 こうして吉崎坊舎が大きな勢力となると、加賀(石川県)・越前の争乱に巻き込まれ、1475年には吉崎を退去し畿内(きない)に戻ったが、この間に一向一揆(いっき)の勃発(ぼっぱつ)をみた。1483年には山城(やましろ)(京都府)の山科(やましな)に本願寺を造営し、北陸・東海・畿内に多くの門末を擁する本願寺教団の再興を成し遂げた。1489年(延徳1)退隠し、五男の実如(じつにょ)(1458―1525)に本願寺住持職を譲ったのち、摂津(せっつ)(大阪府)石山に坊舎を造営して住した。後の石山本願寺の地である。13男14女という多数の子女を各地に配して本願寺の藩屏(はんぺい)とし、また本尊などの下付によって地方有力寺院を傘下に吸収するなどの方法によって本願寺教団を統制した。また教義的には、阿弥陀(あみだ)仏の本願を信ずることが浄土に往生(おうじょう)する正しい因であり、名号(みょうごう)を称(とな)えるのは弥陀の救済に対する報恩の念仏であるとする「信心正因称名(しんじんしょういんしょうみょう)報恩」を説いて親鸞(しんらん)の教義を明確化し、あわせて内心には深く他力の信心を蓄え、世間に処するには王法(おうぼう)を守って国憲に従うべきとする「王法為本(おうぼういほん)信心内心」を強調し、真宗的倫理観を確立した。[大桑 斉]
『笠原一男・井上鋭夫編『日本思想大系17 蓮如 一向一揆』(1972・岩波書店) ▽笠原一男著『蓮如』(1963/新装版・1986・吉川弘文館) ▽菊村紀彦著『蓮如――その人と行動』(1975・雄山閣出版) ▽森龍吉著『蓮如』(講談社現代新書)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

蓮如 (れんにょ)
生年月日:1415年2月25日
室町時代;戦国時代の浄土真宗の僧
1499年

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

れんにょ【蓮如】
室町後期の浄土真宗の僧。本願寺第八世。浄土真宗中興の祖。諱(いみな)は兼寿。勅諡は慧燈大師。本願寺第七世存如の長子。青蓮院尊応・興福寺大乗院前門跡経覚に学ぶ。長祿元年(一四五七)本願寺を継ぎ、浄土真宗の教団に大きな発展をもたらした。特に、寛正六年(一四六五)比叡山の圧迫を受け、越前吉崎に移った文明三年(一四七一)以後の活動にはめざましいものがあった。同一〇年山科の地に移って、同一五年山科本願寺を建立。明応五年(一四九六)には大坂に、のちの石山本願寺を建立。著書に「正信偈大意」「領解文」など、また、言行録に「蓮如上人御一代記聞書」や、折々の消息をまとめた「御文章(御文)」がある。応永二二~明応八年(一四一五‐九九

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

蓮如」の用語解説はコトバンクが提供しています。

蓮如の関連情報

関連キーワード

フリードリヒ1世アザンクールの戦い百年戦争ヨハネス(23世)(ピサ選立教皇)東金堂古賀市と都市計画区域外国籍児童・生徒への支援周期表性理大全茶臼山

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.