Rakuten infoseek

辞書

蓬莱曲【ほうらいきょく】

日本大百科全書(ニッポニカ)

蓬莱曲
ほうらいきょく
北村透谷(とうこく)の劇詩。1891年(明治24)5月に、養真堂刊という形で自費出版したもの。蓬莱山つまり富士山の麓(ふもと)・中腹・絶頂を舞台に設定、現世を捨ててここにきた気性鋭い内攻的な青年に、大魔王が自分こそこの世の物質的な繁栄を支配していると同時にその破滅をも支配している、と告げ、自分に服従せよというが、青年はそれを拒み富士山頂で死ぬ。明治浪漫(ろうまん)派初期の主要作の一つ。青年は作者透谷のおもかげを宿している。未完の『蓬莱曲別篇(べつへん)』が付載されていて、そこでは青年の恋人の愛が彼の霊を彼岸(ひがん)での救いに導く。内省する自我意識の苦渋のみごとな表現、熟さぬ韻律をおしての詩的実験、これなりに一種の世界観芸術への試みになっていること、等々のことも注目される。日本近代文学館より復刻本が出ている。[小田切秀雄]
『『北村透谷詩集』(1975・思潮社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ほうらいきょく【蓬莱曲】
劇詩。北村透谷作。明治二四年(一八九一)刊。恋人の幻を追って蓬莱山中に入った青年を通し、宗教的懐疑と苦悶(くもん)の世界を描く。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ほうらいきょく【蓬莱曲】
北村透谷劇詩。明治24年(1891)刊行

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

蓬莱曲」の用語解説はコトバンクが提供しています。

蓬莱曲の関連情報

関連キーワード

バーナムドボルザーク(Antonín Dvořák)マッキム・ミード&ホワイトワイルドイグナチー ポタペンコドミトリー マミン・シビリャーク内閣総理大臣ゴーギャン自由新聞マルティ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.