Rakuten infoseek

辞書

蓚酸【シュウサン】

デジタル大辞泉

しゅう‐さん〔シウ‐〕【×蓚酸】
最も簡単な二価カルボン酸。カルボキシル基が2個結合したもの。水によく溶ける無色の結晶。カタバミなどの植物中にカリウム塩・カルシウム塩として広く存在。染料の原料、分析試薬、漂白剤などに用いる。化学式(COOH)2

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しゅう‐さん シウ‥【蓚酸】
〘名〙 カルボン酸の一つ。化学式 (CO2H)2 無色無臭。無水物は斜方晶系、二水化物は単斜晶系結晶。天然には植物界に広く存在する。工業的にはセルロースのアルカリ融解、糖の硝酸酸化、蟻酸ナトリウムの加熱脱水素などでつくる。水には溶けるが有機溶媒には溶けにくい。染料原料・漂白剤・染色助剤・分析試薬などに用いる。〔舎密開宗(1837‐47)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

蓚酸」の用語解説はコトバンクが提供しています。

蓚酸の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.