Rakuten infoseek

辞書

蓑虫【みのむし】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

蓑虫
みのむし
ミノガ」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

みの‐むし【×蓑虫】
ミノガ科のガの幼虫。口から糸を出して小枝や葉の小片をつづり合わせ、筒状の巣を作ってすむ。雄は羽化して出るが、雌は一生をこの中で送る。同様の蓑状の巣を作るヒロズコガなどの幼虫を含めていうこともある。鬼の子 秋》「―の音を聞きに来よ草の庵(いほ)/芭蕉
[補説]書名別項。→みのむし

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

みのむし[書名]
三浦哲郎短編小説。「新潮」誌、平成6年(1994)1月号に掲載。翌年、第22回川端康成文学賞受賞。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

みのむし【蓑虫】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

みのむし【蓑虫】
ミノガ科のガの幼虫。葉や小枝を糸で綴り合わせた蓑のような巣を作り、雌は成虫になっても蛆うじ状で蓑の中で一生を過ごす。一般に見られるものはオオミノガ・ケヤミノガ・ミノガの幼虫が多く、各種の樹木の葉を食害する。鬼の子。 [季] 秋。 《 -の父よと鳴きて母もなし /虚子 》

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動植物名よみかた辞典 普及版

蓑虫 (ミノムシ)
動物。ミノガ科のガの幼虫

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

みの‐むし【蓑虫】
〘名〙
① 昆虫ミノガ類の幼虫。体から分泌した糸で、枯れ葉や樹皮の細片をつづり、袋状の巣をつくってすむ。チャ・ウメ・ナシなど各種の葉を食べ、冬は枝にぶらさがったままで越冬する。春先に雄は成虫のガとなって脱出するが雌は巣の中で一生を送る。「父よ父よ」と鳴くとの言い伝えがあるのは、カネタタキの鳴き声と混同したものと思われる。鬼の捨子。木こり虫。《季・秋》
※兼輔集(933頃)「はるさめのふるにつけつつみのむしのつけるえだをばたれかをりつる」
② 人を卑しめののしっていう語。
浄瑠璃・南蛮鉄後藤目貫(1735)一「からからと打笑ひ、ヤア蓑虫(ミノむし)めらがほざいたり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典

蓑虫
みのむし
歌舞伎・浄瑠璃の外題。
初演
明治33.1(大阪・弁天座)

出典:日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

蓑虫」の用語解説はコトバンクが提供しています。

蓑虫の関連情報

他サービスで検索

「蓑虫」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.