Rakuten infoseek

辞書

蓋し【ケダシ】

デジタル大辞泉

けだし【蓋し】
[副]
物事を確信をもって推定する意を表す。まさしく。たしかに。思うに。「蓋しその通りであろう」
(あとに推量の意味を表す語を伴って)もしかすると。あるいは。
「百(もも)足らず八十隅坂(やそくまさか)に手向けせば過ぎにし人に―逢はむかも」〈・四二七〉
(あとに仮定の意味を表す語を伴って)万が一。もしも。ひょっとして。
「わが背子し―まからば白妙の袖を振らさね見つつしのはむ」〈・三七二五〉
おおよそ。大略。多く、漢文訓読文や和漢混淆文などに用いる。
「よって勧進修行の趣、―もって斯(か)くの如し」〈平家・五〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

けだし【蓋し】
( 副 )
〔多く漢文訓読に用いられた語〕 かなりの確信をもって推量するさま。思うに。確かに。 「 -名言というべきだろう」
疑いの気持ちをもって推量したり仮定したりする意を表す。ひょっとして。もしかして。もしや。 「馬の音のとどともすれば松陰に出でてそ見つる-君かと/万葉集 2653」 「わが背子し-罷らば/万葉集 3725

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

蓋し」の用語解説はコトバンクが提供しています。

蓋しの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.