Rakuten infoseek

辞書

蓄積【チクセキ】

デジタル大辞泉

ちく‐せき【蓄積】
[名](スル)
たくさんたくわえること。また、たまること。たくわえ。「知識を蓄積する」「疲労が蓄積する」
経済学で、資本家剰余価値の一部を資本に転化して拡大再生産をはかること。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ちくせき【蓄積】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ちくせき【蓄積】
( 名 ) スル
たくわえること。たくわえ。 「資本の-」 「知識を-する」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ちく‐せき【蓄積】
〘名〙
① たくさんたくわえること。また、だんだんにたまること。また、そのもの。
※続日本紀‐天平元年(729)四月癸亥「学習異端積幻術
経済要録(1827)二「放蕩なる暴君出でて蓄積の財用を忽ち費し尽くして」 〔戦国策‐秦策・恵文君〕
② 経済学で、資本家が剰余価値の一部を資本に転化して資本の増大をはかること。集積と集中の二つの形態がある。
③ 森林の林木材積立方メートルや石(こく)の単位で表わす。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

蓄積」の用語解説はコトバンクが提供しています。

蓄積の関連情報

他サービスで検索

「蓄積」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.