Rakuten infoseek

辞書

蒸気【じょうき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

蒸気
じょうき
vapour
一般に沸点があまり高くなく,比較的容易に液化しうるような物質が気体になったもの。たとえば水,アルコールが蒸気になったものは,それぞれ水蒸気,アルコール蒸気という。なお一定の温度で液相,または固相と平衡にある蒸気相の圧力のことを蒸気圧という。ボイラで急激に水蒸気をつくる場合などには,飽和水蒸気の一部に小さな水粒 (液相) を浮べている場合があるが,このようなものは,湿り蒸気といわれる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

じょう‐き【蒸気/蒸汽】
液体の蒸発や固体の昇華によって生じる気体。
水蒸気」に同じ。「やかんから―が立ち上る」
蒸気機関車」「蒸気船」の略。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

じょうき【蒸気 vapor】
気体と同じ意味で使われるが,厳密にはその物質の臨界温度以下にあり,圧縮によって液化しうる気体の状態を蒸気,それ以上の温度にある場合を気体と呼んで区別する。たとえば水蒸気,アルコール蒸気などという。俗に蒸気といえば水蒸気を指す。【菅

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

蒸気
じょうき
vapor
通常は固体または液体として存在する物質の一部が、気化したものをいう。気体の別称であるが、アルゴンや水素などのように常温・常圧下で気体であるものについては、普通この語は用いない。単に蒸気という場合は水蒸気をさすことが多い。蒸気ポンプ、蒸気機関車などは水蒸気の意味で用いている。[山崎 昶]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

蒸気」の用語解説はコトバンクが提供しています。

蒸気の関連情報

他サービスで検索

「蒸気」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.