Rakuten infoseek

辞書

蒙古【モウコ】

デジタル大辞泉

もうこ【蒙古】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

もうこ【蒙古】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

もうこ【蒙古】
◇ シベリアの南、中国の万里の長城以北に広がるモンゴル高原を中心とする地域。 → モンゴリア
古来に住した遊牧民族。五、六世紀以降、柔然じゆうぜん・契丹きつたんなどの部族が活躍。一三世紀初めチンギスハンが出てモンゴル帝国を建設。その孫フビライは中国を統一して元を建てた。明が興るとモンゴル高原に追われ、東のタタールと西のオイラートに分かれて抗争。清代にはその支配下に置かれた。今日ではモンゴル国と中国の内モンゴル自治区を構成する。モンゴル。 → モンゴル帝国

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

蒙古
もうこ
モンゴルMonggholのこと。もともと大興安嶺(だいこうあんれい)の北辺、アルグン川にシルカ川が注ぐあたりの渓谷に居住する小集団の名として中国、唐代の記録に蒙兀室韋(もうこつしつい)、蒙瓦(もうが)室韋とみえる。五代から金代には、韈劫子、梅古悉、謨葛失、毛割石、萌古、萌古子、蒙国斯、蒙古斯、盲骨子、蒙古里などと書かれ、いずれもMonggholまたは複数形Mongghosの音訳と考えられる。チンギス・ハン以後、民族全体の名となり、訳字も蒙古に固定した。また、その居住地域であるモンゴリアも蒙古という。[杉山正明]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

むくり【蒙古】
蒙古(もうこ)の国。また、その国の人。
※日蓮遺文‐南条殿御返事(1276)「又むくりのをこれるよし、これにはいまだうけ給らず」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

もうこ【蒙古】
[1] 内陸アジア東部のモンゴル高原、ゴビ砂漠を中心とした地域。モンゴリア。
[2] 〘名〙 (一)の地域で活躍した遊牧民族。その一部は五、六世紀以降、鮮卑・柔然・契丹などを建国、一三世紀初めにジンギスカンが出現して民族を統一、蒙古帝国を建設した。帝国の瓦解後、明代にオイラート部、清代にジュンガル部が発展、辛亥革命を契機に外蒙古が独立、人民共和国を建設した。→蒙古帝国
沙汰未練書(14C初)「蒙古とは異国むくりの事也」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

蒙古」の用語解説はコトバンクが提供しています。

蒙古の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.