Rakuten infoseek

辞書

葺合【フキアイ】

デジタル大辞泉

ふきあい〔ふきあひ〕【葺合】
兵庫県神戸市の旧区名。昭和55年(1980)生田区合併して中央区となる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典

〔兵庫県〕葺合(ふきあい)

神戸市の市街地中部にあった旧区。葺合区は1980年(昭和55)に生田(いくた)区と合併、中央区となった。神戸港の第5~第8突堤があり、臨海部に神戸製鋼などの重化学工場が立地。北部の山麓(さんろく)は住宅地域。1995年(平成7)の兵庫県南部地震では家屋の全半壊など大きな被害を受けた。

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ふき‐あわ・す ‥あはす【葺合】
〘他サ下二〙 屋根の両端の軒から葺き上げて、棟(むね)で合うようにする。また、一つの屋根と他の屋根とを葺いて連絡させる。
※書紀(720)神代下(鴨脚本訓)「甍(いらか)、未合(フキアハセす)ある時に、児即ち生(あ)れませる」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

葺合」の用語解説はコトバンクが提供しています。

葺合の関連情報

他サービスで検索

「葺合」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.