Rakuten infoseek

辞書

【アオイ】

デジタル大辞泉

あおい〔あふひ〕【×葵】


㋐アオイ科のフヨウ属・アオイ属に含まれる植物の総称。タチアオイモミジアオイトロロアオイゼニアオイフユアオイなど。 夏》
㋑アオイ科の双子葉植物の総称。温帯から熱帯にかけて分布し、75属1500種ほどある。フヨウムクゲなど。
フユアオイの別名。
㋓ウマノスズクサ科のフタバアオイのこと。
紋所の名。フタバアオイを図案化したもので、種類が多い。
《徳川氏の紋が「葵巴(あおいどもえ)」であったところから》江戸幕府の象徴。
襲(かさね)の色目の名。表は薄青、裏は薄紫。陰暦4月に用いた。
蕎麦(そば)をいう女房詞
源氏物語第9巻の巻名。光源氏21歳から22歳。葵の上六条御息所(みやすどころ)との車争い、夕霧の誕生、御息所の生き霊にとりつかれた葵の上の急逝、源氏と紫の上との結婚を描く。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

あおい〔あふひ〕【葵】
静岡市の区名。駿府公園(駿府城)周辺の官公庁街から、南アルプス大井川源流部まで、同市の大半を占める。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

き【葵】[漢字項目]
人名用漢字] [音]キ(漢) [訓]あおい
〈キ〉植物の名。アオイ。「紅蜀葵(こうしょっき)
〈あおい〉「立葵天竺葵(てんじくあおい)二葉葵(ふたばあおい)
[名のり]まもる
[難読]向日葵(ひまわり)蒲葵(びろう)山葵(わさび)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

あおい【葵】
アオイ科の植物、タチアオイ・ゼニアオイ・モミジアオイなどの総称。 [季] 夏。
フタバアオイのこと。カモアオイ。
フユアオイの古名。 「延ふ葛くずの後も逢はむと-花咲く/万葉集 3834
葵襲あおいがさね」に同じ。
家紋の一。フタバアオイの葉を図案化したもの。賀茂神社の神紋に由来する。葵巴あおいどもえは徳川氏の紋。 → 葵巴
源氏物語の巻名。第九帖。葵祭(賀茂祭)見物の車争いで六条御息所みやすどころの恨みを買った葵の上は、産褥さんじよくをその生き霊に悩まされて急死する。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典

〔愛知県〕葵(あおい)

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動植物名よみかた辞典 普及版

葵 (アオイ)
植物。銭葵の別称

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

葵 (アオイ・マキグサ)
植物。アオイ科の越年草,園芸植物,薬用植物。タチアオイの別称

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

葵 (アオイ)
植物。ウマノスズクサ科多年草,園芸植物,薬用植物。フタバアオイの別称

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

葵 (アオイ)
植物。アオイ科の多年草,薬用植物。フユアオイの別称

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

あおい あふひ【葵】
[1] 〘名〙
① アオイ科の植物、タチアオイ、フユアオイ、ゼニアオイ、トロロアオイ、モミジアオイなどの俗称。
② 「ふゆあおい(冬葵)」の古名。平安初期に、種子を食用、薬用とするために栽培した。
※万葉(8C後)一六・三八三四「梨棗(なしなつめ)(きみ)に粟嗣ぎ延(は)ふ田葛(くず)の後も逢はむと葵(あふひ)花咲く」
③ 植物「ふたばあおい(二葉葵)」の俗称。平安時代から賀茂神社の葵祭の神事に用いられ、また、徳川家の家紋ともなっている。
※後撰(951‐953頃)夏・一六一「ゆきかへるやそうぢ人の玉かづらかけてぞたのむ葵てふ名を〈よみ人しらず〉」
④ 植物「たちあおい(立葵)」の俗称。近世から盛んに栽培され、現在「あおい」といえば、観賞用のこの植物をさす。《季・夏》〔文明本節用集(室町中)〕
⑤ 植物「かんあおい(寒葵)」の俗称。
⑥ 植物「てんじくあおい(天竺葵)」の俗称。
⑦ 襲(かさね)の色目の名。表は薄青、裏は薄紫。陰暦四月に着用する。〔桃花蘂葉(1480)〕
⑧ 葵の葉を図案化した模様。
※能因本枕(10C終)三〇二「もんは、あふひ、かたばみ」
⑨ (「青いもの」の略か) 蕎麦(そば)をいう女房詞。
※大上臈御名之事(16C前か)「そば、あをい」
⑩ 紋所の名。
(イ) フタバアオイの葉を図案化したもの。賀茂神社の神紋に由来し、種々変形がある。
※武徳大成記(1686)二四(古事類苑・姓名七)「家伝の葵の紋を用て、某に相応也と奏せらる」
(ロ) 徳川家の紋所の葵巴(あおいどもえ)。転じて江戸幕府。
※随筆・槐記‐享保九年(1724)九月七日「春の御儀式、節会等の事すめば、早葵の御神事の事に付て、人の尋来らんほどの事は、例を引て返答せんと思て」
⑫ 金銭をいう、遊女のことば。
※随筆・武野俗談(1757)六「葵とは、ぜにの事」
[2]
[一] 「源氏物語」の第九帖の名。光源氏二二歳から二三歳まで。源氏の正妻葵上(あおいのうえ)は、嫉妬に狂う源氏の愛人六条御息所(ろくじょうのみやすどころ)の生霊(いきりょう)にとりつかれて、夕霧を産んだのち命を落とす。謡曲、浄瑠璃の題材とされる。
[二] 静岡市の行政区の一つ。静岡城・県庁のある中心市街地から大井川の源流域までを占める。平成一七年(二〇〇五)成立。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

葵の関連情報

他サービスで検索

「葵」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.