Rakuten infoseek

辞書

葵鍔・葵鐔【あおいつば】

大辞林 第三版

あおいつば【葵鍔・葵鐔】
太刀鐔の一。木瓜もつこう形の四辺の中央をとがらせ、四隅の切れ込みに猪の目を透かしたりしたもの。平安時代に発生し兵仗の太刀に用いられ、桃山期以後は太刀鐔を代表した。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

あおい‐つば あふひ‥【葵鍔・葵鐔】
〘名〙 刀の鍔(つば)の一種。帽額鍔(もこうつば)の四辺中央をとがらせた形が、アオイの葉に似ているもの。〔次将装束抄(1213‐19)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

葵鍔・葵鐔」の用語解説はコトバンクが提供しています。

葵鍔・葵鐔の関連情報

他サービスで検索

「葵鍔・葵鐔」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.