Rakuten infoseek

辞書

【やく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典


やく
anther
おしべ先端の,花粉を入れる袋状構造。葯は,おしべの糸状構造である花糸の先端についていて,葯隔という仕切りによって2分されており,この隔室を半葯 thecaという。花粉は葯内で生じたのち,外部に通じる開口から外部に放出されるが,これには葯が開する場合のほか,小孔を有している場合 (ツツジなど) ,弁をもつ場合 (メギなど) などもある。発生学的由来としては,葯は,小胞子葉の上に生じる小胞子嚢の変形とみなされる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

やく【×葯】
雄しべの一部で、ふつう花糸の上端にあり、花粉をつくる袋状の器官

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

やく【葯】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

やく【葯】
雄しべの一部で、花粉をつくる器官。被子植物では花糸の先端に生じ、二個の花粉囊のうからなる。 → 花式図

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)


やく
被子植物の雄しべの主要部で、多くは花糸の上端に位置する。普通、葯は二つに分かれ(これを半葯という)、その間に葯隔がある。一つの半葯には二つの葯室があるため、葯室は合計四つとなる。葯室の中には多数の花粉母細胞が生じるが、それぞれ減数分裂を経て4個の花粉となる。葯室はシダ植物の小胞子嚢(のう)に相当する。葯は花糸に対して、多くは側生するが、内向または外向するものもある。また、ユリ属などのように葯の中央部に花糸がつき、雄しべ全体としてはT字形になるものもある。花粉が成熟すると、葯は裂開して花粉を出す。普通、縦に裂開するが、ツツジ属のように先端部に孔(あな)の開く孔開、クスノキ属のように壁が弁状にめくれる弁開などの裂開法もある。[田村道夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

やく【葯】
〘名〙 雄しべを構成する器官。花粉を入れている器官で、ふつう花糸の先端にあって、中で花粉が作られ、成熟すると裂け花粉を出す。〔植学啓原(1833)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

葯の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.