Rakuten infoseek

辞書

葦舟【アシブネ】

デジタル大辞泉

あし‐ぶね【×葦舟】
藺草(いぐさ)などを束ねてつくった小さい。最も原始的な舟で、古代のエジプト・インド・中国などで用いられた。日本でも古事記水蛭子(ひるこ)をこの舟に乗せて流した話がある。ペルーボリビアとの国境にあるチチカカ湖では、今も漁などに使用。
刈り取った葦を載せた舟。あしかりおぶね。
水面に浮いた葦の葉を舟にたとえていう語。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

あしぶね【葦舟】
葦(ヨシ)などを束ねて作った舟で,いかだ)の一種とする場合もある。材料は水辺に生える葦に限らず,小枝を使用することがあり,樹皮を丸めたものも用いられる。材料が簡単に得られ,製作に特別な道具を要しないため,古代から広く世界各地で使用されていたと考えられる。もっとも古い記録として,葦舟と思われる舟をかいた前5000年ごろのエジプトの壁画があり,前2800年ごろの壁画にはパピルスを束ねて葦舟を製作中の図が残っており,ナイル川流域で古くから使用されていたことを示している。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

葦舟
あしぶね
アシでつくった水上交通具の一つ。古代日本に葦舟があったことは、記紀の列島創造神話において記されているところから想像がつく。蛭児(ひるこ)を葦舟に乗せて流すくだりである。また弥生(やよい)時代の土器に描かれた船のなかには船首を束ねた例もある。南アメリカではコロンビア、アルゼンチン、チリと分布していたが、現在痕跡(こんせき)が残っているのは、かつての利用の中心地と考えられるアンデス地域だけである。エクアドル高地の先住民オタバロ、ペルー北海岸のワンチャコ村、さらに有名なティティカカ湖のアイマラ人、ウロ人の葦舟がそれらである。しかしこれらの舟も厳密にはイネ科のアシが材料ではなく、カヤツリグサ科のトトラを用いている点で、名称に注意しなければならない。アフリカでは、ナイル川上流のシルックの人々やアフリカ南西部のベンゲラの海岸住民の例が知られている。古代エジプトでもパピルス(カヤツリグサ科、カミガヤツリ)を束ねた舟が利用されたようで、最近サッカラで発見されたラムセス2世の妹チアの墓からも黄泉(よみ)の国へ向かう葦舟の浮彫りが報告されている。なお、新旧両世界の古代文明の有機的関連を想定したノルウェーの人類学者ヘイエルダールが、1970年に葦舟ラー世号で大西洋を横断している。[関 雄二]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

葦舟」の用語解説はコトバンクが提供しています。

葦舟の関連情報

他サービスで検索

「葦舟」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.