Rakuten infoseek

辞書

葛根湯加川芎辛夷【かっこんとうかせんきゅうしんい】

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典

かっこんとうかせんきゅうしんい【葛根湯加川芎辛夷】
漢方薬の一つ。生薬(しょうやく)葛根麻黄(まおう)大棗(たいそう)桂枝(けいし)芍薬(しゃくやく)甘草(かんぞう)生姜(しょうきょう)川芎(せんきゅう)辛夷などを含む。日本でつくられた漢方を意味する「本朝経験方(ほんちょうけいけんほう)」による処方。慢性鼻炎蓄膿(ちくのう)症、鼻づまりなどに用い、頭重(ずじゅう)感肩こりなどの症状がともなうとき、とくに有効とされる。比較的体力のある人がおもな対象。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

葛根湯加川芎辛夷」の用語解説はコトバンクが提供しています。

葛根湯加川芎辛夷の関連情報

他サービスで検索

「葛根湯加川芎辛夷」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.