Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

葛原しげる

朝日新聞掲載「キーワード」

葛原しげる
「ぎんぎんぎらぎら夕日が沈む……」の歌詞で知られる童謡「夕日」や「とんび」「キューピーさん」など約4千編の作詞を手がけた童謡作家。学校の校歌の作詞も、全国約400校に上る。「夕日」は、故郷神辺平野夕焼けをイメージして作詞したとされる。
(2011-06-11 朝日新聞 朝刊 備後 1地方)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

葛原しげる くずはら-しげる
1886-1961 大正-昭和時代の童謡作家。
明治19年6月25日生まれ。葛原勾当。東京で小学校や女学校の教師をつとめながら「夕日」「とんび」をはじめとする唱歌,童謡1200余を作詞した。昭和21年郷里広島県の至誠高女(現至誠高)校長。昭和36年12月7日死去。75歳。東京高師卒。本名は〓(“草かんむり”に中央の縦棒がない「」)(しげる)。童謡集に「かねがなる」「雀よこい」など。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)

葛原しげる
くずはらしげる
(1886―1961)
童謡作家。広島県生まれ。本名(しげる)。江戸末期に出た箏曲(そうきょく)の葛原勾当(こうとう)の孫にあたる。東京高等師範学校を卒業後、精華小学校、跡見高等女学校、精華高等女学校等の教師を務める一方、唱歌、童謡を数多く作詞した。その数は1200余に上るといわれるが、「ぎんぎんぎらぎら/夕日が沈む」で始まる『夕日』や、『とんび』などを除いて、いま歌われている歌はほとんどない。著作に『大正幼年唱歌』『大正少年唱歌』(作曲は小松耕輔、梁田貞)や『童謡の作り方』などがある。[鶴見正夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

葛原しげる」の用語解説はコトバンクが提供しています。

葛原しげるの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.