Rakuten infoseek

辞書

落体【らくたい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

落体
らくたい
falling body
地球上で重力を受けて鉛直に落下する物体。真空中を落下するときは,すべての物体は加速度 g (重力加速度という) で等加速度運動をする。空気中を落下するときは,空気の抵抗を受けて減速されるので,長い距離を落下したあとでは一定な終速度等速度運動をする。質量 m の物体が落下するとき,霧粒のようにゆっくりと落ちれば,空気の抵抗は速度に比例 (比例係数 k ) し,終速度は mg/k となる。雨滴のように速く落ちれば,空気の抵抗は速度の2乗に比例し,終速度が となる。また地球の自転の影響を考慮すると鉛直よりもわずかに東に向って落下する。たとえば東京タワー (高さ 333m,緯度 36°) の頂上から静かに物体を落下させると,落下点は直下より東へ約 11cmのところになるはずである。しかし風の影響や空気の抵抗の効果のほうが大きいので,正確な落下点の移動はもちろん観測されていない。なお人工衛星が地球へ突入するときのように非常に高いところから落下する場合には,地球の重力が一定ではなく,地球の中心からの距離の2乗に反比例して変化するので,落体の加速度も同じように変化する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

らく‐たい【落体】
重力の作用だけで落下する物体。空気の抵抗を無視できるとき、すべての落体は同じ加速度で落下する。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

らくたい【落体】
重力の作用で落下しつつある物体。落体の速度は質量と無関係で時間に比例する。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

らく‐たい【落体】
〘名〙 重力の作用で落下する物体。空気の抵抗を無視すれば、すべての物体は質量の大小にかかわらず同じ加速度で落下する。
※暦象新書(1798‐1802)中「是に於て落体二力を得たり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

落体」の用語解説はコトバンクが提供しています。

落体の関連情報

他サービスで検索

「落体」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.