Rakuten infoseek

辞書

萩原朔太郎【はぎわらさくたろう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

萩原朔太郎
はぎわらさくたろう
[生]1886.11.1. 前橋
[没]1942.5.11. 東京
詩人。 1910年第六高等学校中退。北原白秋門下の新進として作詩活動を始め,また室生犀星の詩に感動して親交を結んだ。 16年犀星と『感情』を創刊,詩的主体の真実としての感情を重んじる口語自由詩を制作し,恩地孝四郎,山村暮鳥らも加えて感情詩派を形成した。 17年官能的な神経の戦慄と近代的な孤独を,音楽性に富む口語表現でうたった処女詩集『月に吠える』を刊行,近代詩一時代を画した。その後も,アフォリズム集『新しき欲情』 (1922) ,『青猫』 (23) ,『純情小曲集』 (25) を出版,『氷島』 (34) 発表の翌年『四季』の指導的存在に迎えられ,近代日本を代表する詩人として尊敬を一身に集めた。ほかに評論『虚妄の正義』 (29) ,選詩集『宿命』 (39) など。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

はぎわら‐さくたろう〔はぎはらサクタラウ〕【萩原朔太郎】
[1886~1942]詩人。群馬の生まれ。「月に吠(ほ)える」「青猫」の2詩集を出して口語自由詩による近代象徴詩を完成、以後の詩壇に大きな影響を与えた。他に詩集「純情小曲集」「氷島」、詩論詩の原理」、アフォリズム集「新しき欲情」「虚妄の正義」など。
評論家・詩人の伊藤信吉による萩原朔太郎の作家論。昭和51年(1976)刊行、全2巻。第28回読売文学賞(評論・伝記部門)受賞。
磯田光一による詩人萩原朔太郎の評伝昭和62年(1987)10月刊行。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

萩原朔太郎 はぎわら-さくたろう
1886-1942 大正-昭和時代前期の詩人。
明治19年11月1日生まれ。父は医師。大正2年北原白秋主宰の「朱欒(ザンボア)」に詩を発表し,同誌を通じて室生犀星(むろう-さいせい)と生涯の親交をむすぶ。第1詩集「月に吠える」,第2詩集「青猫」で口語自由詩を完成させた。昭和17年5月11日死去。57歳。群馬県出身。前橋中学卒。作品はほかに詩集「純情小曲集」,アフォリズム集「新しき欲情」など。
【格言など】どんな真面目な仕事も,遊戯に熱している時ほどには人を真面目にし得ない(「新しき欲情」)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

はぎわらさくたろう【萩原朔太郎】
1886‐1942(明治19‐昭和17)
詩人。群馬県前橋市の医家の長男として生まれた。神経質で音楽好きの少年で,父の医業を継ぎえず詩人となる。中学3年時より短歌を作り,新詩社社友となった。短歌制作は1914年ころまで10年余り続く。中学卒業後五高,六高,慶応大学などを転々,すべて中退に終わった。その間マンドリンに熱中,東京でオペラや翻訳劇を熱心に見る。新しい芸術に強くひかれる一方で,親の期待にそむく苦痛や郷土人との疎隔感から現実への不適応に苦しむ。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

はぎわらさくたろう【萩原朔太郎】
1886~1942) 詩人。群馬県生まれ。室生犀星と「感情」を創刊。特異な感覚の新しい口語詩の世界をひらいた「月に吠える」に始まり、虚無と倦怠の「青猫」を経て文語詩「氷島」に至る詩業は、近代抒情詩の頂点といわれる。他にアフォリズム「新しき欲情」、評論「詩の原理」など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

萩原朔太郎
はぎわらさくたろう
(1886―1942)
詩人。明治19年11月1日、群馬県前橋市生まれ。父は医師。前橋中学3年のころから、短歌を主とする文芸活動を始め、校友会誌、『文庫』『明星』などに投稿した。また、絵を描き、写真に興味をもった。1907年(明治40)熊本の第五高等学校英文科に入学したが、1年で退学、08年岡山の六高独法科に入り直した。しかし、ここも1年生のまま10年5月までいて、修学の見込みがないのでやめた。この間、『昴(スバル)』に短歌を投じた。六高中退後は、郷里前橋と東京の間を往来し、マンドリンを習ったり、音楽学校を志して入学試験の準備をしたりした。
 1913年(大正2)北原白秋(はくしゅう)主宰の『朱欒(ザンボア)』に『みちゆき』ほか5編の詩が掲載されて詩壇にデビュー。同じ号に室生犀星(むろうさいせい)の『小景異情』をみいだし、生涯にわたる親交を結んだ。翌14年山村暮鳥(ぼちょう)を加えた3人で「主として詩、宗教、音楽の研究を目的とする」人魚詩社を創立、15年、機関誌『卓上噴水』を3号まで出した。このころ、「おれはなんのために生きてゐるのか」という人生問題に深く悩み、翌年にかけてほとんど1年間作品を発表しなかった。この問題は結局、ドストエフスキーの作品を通してキリスト教の愛に触れることで、いちおうの解決をみた。そこで、16年犀星と詩誌『感情』を創刊(1919年11月まで)、知的詩風に堕した詩壇に、感情の盛んに流露した詩をもって新風を送った。
 1917年処女詩集『月に吠(ほ)える』を出して一躍詩壇の寵児(ちょうじ)となった。18年に入るとふたたび詩の発表がとだえ、21年の初めに及ぶ。この期間は思索に専心し、所産としてアフォリズム、『詩の原理』に発展する詩論があった。19年に上田稲子と結婚。21年、詩の発表を復活し、『月に吠える』以後の詩を編んで23年に『青猫(あおねこ)』を刊行した。25年妻子を伴って上京。上京に先だって文語体の詩『郷土望景詩』を試みた。29年(昭和4)稲子と離婚。30年父を失い、人生の辛苦をしみじみと味わう。34年刊行の『氷島(ひょうとう)』はこうした生活を背景にもつ。『氷島』以後にはほとんど詩作はなく、アフォリズムや文化評論をもっぱら書いた。家庭的には恵まれなかったが、『四季』に集まった若い優れた詩人たちに囲まれ、詩人としては幸せな晩年であった。昭和17年5月11日自宅で没した。
 朔太郎の詩業の真髄は、自ら「愛誦詩篇(あいしょうしへん)に就(つい)て」で「我々は一意専心我々自身の実感を我々自身のリズムに盛りあぐる」といっているが、この主張を実践できたところにあるといえよう。小説家萩原葉子(ようこ)(1920―2005)は長女。前橋市に萩原朔太郎記念館がある。[久保忠夫]
『『萩原朔太郎全集』全15巻(1975~78・筑摩書房) ▽『日本近代文学大系37 萩原朔太郎集』(1971・角川書店) ▽『新潮日本文学アルバム15 萩原朔太郎』(1984・新潮社) ▽三好達治著『萩原朔太郎』(1963・筑摩書房) ▽伊藤信吉編『萩原朔太郎研究』(1972・思潮社) ▽萩原隆著『若き日の萩原朔太郎』(1979・筑摩書房) ▽安藤靖彦著『萩原朔太郎の研究』(1998・明治書院) ▽米倉巖著『萩原朔太郎論攷――詩学の回路/回路の思索』(2002・おうふう) ▽萩原葉子著『父 萩原朔太郎』(中公文庫)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

はぎわら‐さくたろう【萩原朔太郎】
詩人。群馬県前橋出身。大正五年(一九一六)室生犀星、山村暮鳥らと「感情」を創刊、一派をなす。第一詩集「月に吠える」でその地位を築く。近代人の心性を表現する口語自由詩の確立を果たす。詩論、文芸評論、古典鑑賞にも業績を残した。著作「青猫」「純情小曲集」「虚妄の正義」「郷愁の詩人与謝蕪村」など。明治一九~昭和一七年(一八八六‐一九四二

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

萩原朔太郎」の用語解説はコトバンクが提供しています。

萩原朔太郎の関連情報

関連キーワード

633美の里ナンバースクールニゲル吾北いの(町)岩石区ビリエ・ド・リラダンラフォルグ自民党総裁選ネパール連邦民主共和国

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.