Rakuten infoseek

辞書

萌芽【ホウガ】

デジタル大辞泉

ほう‐が〔ハウ‐〕【×萌芽】
[名](スル)
草木の芽のもえ出ること。また、その芽。めばえ。
新しい物事が起こりはじめること。また、物事の起こるきざし。「自立心の萌芽

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

萌芽(ほうが)
北海道、大雪地ビール株式会社が製造する地ビール。「大雪地ビール」シリーズ。北海道産の小麦、ハルユタカを使用。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ほうが【萌芽】
( 名 ) スル
芽を出すこと。芽ばえ。また、その芽。ぼうが。
物事がはじまること。きざすこと。また、そのもとになるもの。きざし。 「文明の-」 「悪の-を断つ」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ほう‐が ハウ‥【萌芽】
〘名〙
① 草木が芽を出すこと。また、その芽。芽生え
※経国集(827)一四・和出雲巨太守茶歌〈惟氏〉「山中茗早春枝、萌芽採擷為茶時」 〔礼記‐月令〕
② 物事の起ころうとするしるしが現われること。また、ある事が生ずるもとになるもの。きざし。
※日本開化小史(1877‐82)〈田口卯吉〉四「其間自から一種中間の文法を生ずるの萌芽を発せり」 〔鬼谷子‐抵

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ほう‐げ ハウ‥【萌芽】
〘名〙 (「げ」は「芽」の呉音) =ほうが(萌芽)
地蔵菩薩霊験記(16C後)乙「仏種正覚の萌芽(ハウゲ)を生成せしめ七聖財を出産し」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

萌芽」の用語解説はコトバンクが提供しています。

萌芽の関連情報

他サービスで検索

「萌芽」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.