Rakuten infoseek

辞書

菱脳【りょうのう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

菱脳
りょうのう
rhombencephalon
脊椎動物の発生の際,神経管中枢神経系の原基として形成されてくるが,その先端部に肥厚肥大部が現れ,前後方向に3つのくびれが生じてくる。端,中脳,菱脳がそれで,最後部の菱脳を後脳 (広義) ともいう。発生が進むと菱脳は2つにくびれて,前方に後脳 (のちに小脳橋に区分されてくる) ,後方に延髄ができてくる。菱脳の内腔第四脳室と呼ばれている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

りょう‐のう〔‐ナウ〕【×菱脳】
脳の発生の過程でできる脳胞の最も後方のふくらみ。内腔に第四脳室があり、やがて前部後脳に、後部が髄脳に分化する。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

りょうのう【菱脳 rhombencephalon】
脊椎動物の脳の発生において,最初に現れてくる三つの膨大部(脳胞)の中で,最も後ろの後脳胞をいう。のちに菱脳の前部からは小脳(きよう),後部からは延髄が分化してくる。菱脳の内腔は第四脳室と呼ばれる。えらに関係する神経が出入りして菱形(ひしがた)に膨らんでいるために菱脳の名がある。哺乳類以外の菱脳の腹側表面には,哺乳類にみられる大脳皮質と関係した橋の基部,錐体などは認められない。各機能区域は生活様式と関連して変異を示す。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

りょうのう【菱脳】
脊椎動物の脳の発生途上、神経管上端部に生ずる三個の膨大部の最後部。やがて前後に後脳と髄脳とに分化する。 → 後脳

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

りょう‐のう ‥ナウ【菱脳】
〘名〙 脳の一部の発生学上の呼称。第四脳室の底にある菱形のへこみをかこむ部分をいう。菱形脳。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

菱脳」の用語解説はコトバンクが提供しています。

菱脳の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.