Rakuten infoseek

辞書

菱垣廻船【ひがきかいせん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

菱垣廻船
ひがきかいせん
江戸時代,江戸-大坂間を定期に航行した廻船の一つ。舷側に檜板や竹で菱形の垣を設けて積荷の落下を防いだところから菱垣と呼ばれた。元和5 (1619) 年堺の一商人が 250石の船を賃借して木綿,油,酒などを積んで江戸へ輸送したのが最初といわれる。寛永1 (24) 年に江戸-大坂間の定期運送が泉屋平右衛門により開始され,当初は 200~400石積み程度であったが,のちには 1000石積みも出現し (→千石船 ) ,積荷は木綿,油,酒,酢,醤油など日用雑貨品が多かった。寛永年間 (24~44) には隆盛をきわめ,元禄7 (94) 年には江戸の菱垣船積合荷主が十組問屋を結成,同じ頃大坂の江戸積問屋仲間が二十四組問屋を結成した。しかしこの頃からおもに酒を輸送する樽廻船の出現により,積荷の争奪をめぐって両廻船の紛争が絶えなかった。安永1 (1772) 年両廻船の協定が結ばれ,同2年には株仲間を公許されたが,次第に樽廻船に圧倒され,天保の改革による株仲間の解散,それによる積荷協定の破棄,そのうえ幕末蒸気船の出現によって致命的打撃を受けた。 1875年樽廻船と合併,組合をつくった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ひがき‐かいせん〔‐クワイセン〕【×菱垣×廻船】
江戸時代、江戸・大坂間の定期貨物船。積み荷が落ちないよう、左右の船べりにさくのように立てた垣立(かきたつ)をひし形に組んだのでこの名がある。江戸の十組問屋(とくみどいや)と大坂の二十四組問屋とに属し、江戸で用いる木綿・油・酒などの日用品や幕府・諸藩の荷物の運送に当たり、公の保護を受けていた。江戸末期には樽廻船(たるかいせん)に圧倒されて衰退した。菱垣船。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひしがき‐かいせん〔‐クワイセン〕【×菱垣×廻船】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ひがきかいせん【菱垣廻船】
江戸時代に、大坂・江戸間の幹線航路に就航して大量の日常消費物資を江戸へ輸送した輸送船。菱垣廻船問屋仲間所属船の目印として、舷側垣立かきだつの下部に菱組ひしくみの装飾をつけたことからの名。積み荷は木綿・綿・油・酒・酢・醬油・砂糖・鰹節・紙・薬種など。菱垣船。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひしがきかいせん【菱垣廻船】

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

菱垣廻船
ひがきかいせん
江戸時代、樽(たる)廻船とともに江戸―大坂間を航行した商船で、大坂から木綿、油、酒、しょうゆなどの日常生活必需物資を積んで江戸へ廻送した。船体は「べざい」「べんざい船」(弁才船)といわれる大和(やまと)形帆船で、通称千石船とよばれた荷船のことである。樽廻船などの千石船と区別して「菱垣」とよばれたのは、舷側垣立(げんそくかきだつ)の下部の筋(すじ)を菱組の格子(こうし)としたことによる。このように外見上区別したのは、江戸十組問屋(とくみどんや)専属の廻船であることを明示し、幕府はじめ諸大名の公用荷物の輸送にもあずかる、という特権を表す一種のトレードマークであった。その発端は1619年(元和5)堺(さかい)の商人が紀州富田(とんだ)浦の廻船を借り受け、大坂より江戸積みしたのに始まり、さらに24年(寛永1)大坂の泉屋平右衛門(へいえもん)が江戸積み船問屋をおこし、27年には毛馬(けま)屋、富田(とんだ)屋など5軒も船問屋を開き大坂の菱垣廻船問屋が成立した。1694年(元禄7)荷主の江戸問屋が十組問屋仲間を結成し、菱垣廻船はその共同所有船となり、菱垣廻船問屋の差配のもとに運営された。しかし1730年(享保15)ごろより酒荷専用船としての樽廻船が登場し、それが酒荷以外の荒荷(雑貨)をも混積するようになって、菱垣・樽両廻船の積み荷をめぐる競合が続いた。幕末期には完全に菱垣廻船は樽廻船によって弱体化されてしまった。[柚木 学]
『柚木学著『近世海運史の研究』(1979・法政大学出版局)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ひがき‐かいせん ‥クヮイセン【菱垣廻船】
〘名〙 江戸・大坂間の海運の主力となり、木綿・油・酒・薬その他江戸の必要とする日用品を輸送した菱垣廻船問屋専属の廻船。船体は一般廻船と同様の弁才船形式だが、舷側垣立下部の筋を、菱垣(菱組の格子)とした点が外観上の違いで、そこから生じた名称。元祿七年(一六九四)荷主らが江戸十組問屋を結成し、廻船はその共同所有となるとともに、菱垣廻船問屋は廻船運航の差配機関となったが、享保八年(一七二三)には七百石積前後の廻船一六〇艘を保有し、輸送力は絶大となった。しかし同一五年、酒問屋が十組問屋から脱退して酒荷専用の樽廻船を独自に運航させ、その迅速性から菱垣荷物の樽廻船への洩積(もれづみ)が起こって、両者の競合が幕末期まで続いた。菱垣定仕建船。菱垣船。
※御触書天保集成‐一〇五・文化五年(1808)一二月「上方表より諸色積下候菱垣廻船之儀」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひしがき‐かいせん ‥クヮイセン【菱垣廻船】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

菱垣廻船」の用語解説はコトバンクが提供しています。

菱垣廻船の関連情報

他サービスで検索

「菱垣廻船」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.