Rakuten infoseek

辞書

華清池【かせいち】

世界の観光地名がわかる事典

かせいち【華清池】
中国の陝西(せんせい)省の省都・西安(シーアン)東方約35km、驪山(れいざん)(標高1256m)の麓にある温泉地。4ヵ所の湯元があり、関節炎や皮膚病に効能がある温泉として知られる。華清池の歴史は古く、約3000年前、西周王朝はここに驪宮を建てたが、その後、泰、漢、の時代にも離宮が置かれた。温泉が発見されたのは2700年前といわれ、始皇帝はここに驪山湯を設けている。の皇帝玄宗は、ここに宮殿華清宮)を建てたが、楊貴妃とのロマンス舞台として有名である。1982年に発見された華清宮御湯の遺跡に、高宗が楊貴妃のためにつくらせた海棠の湯も含まれている。

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かせいち【華清池 Huá qīng chí】
中国,陝西東部,臨潼県の驪山(りざん)北西麓にある温泉。西安東郊にあたり,唐代の644年(貞観18)湯泉宮が建てられ,のち拡張して華清宮と改められ,華清池とも呼ばれた。唐の玄宗が楊貴妃と共に入浴したことで名高い。また1936年ここに宿泊していた蔣介石張学良の指揮する東北軍将兵が襲撃して捕らえた,いわゆる西安事件の舞台にもなった。現在は公園として開放され,入浴もできる西安市民の保養地,観光地である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

華清池
かせいち / ホアチンチ
中国、陝西(せんせい/シャンシー)省臨潼(りんどう)県の南、驪山(りざん/リーシャン)の山麓(さんろく)にある温泉保養地。温泉の歴史は古く、周の幽王、秦(しん)の始皇帝、唐の玄宗など、いずれもここに離宮を営んだ。楊貴妃(ようきひ)が湯あみしたことは有名で、そのさまは白居易(はくきょい)の『長恨歌(ちょうごんか)』にも歌われている。1936年、蒋介石(しょうかいせき/チヤンチエシー)が張学良(ちょうがくりょう/チャンシュエリヤン)軍に捕らえられた西安(せいあん)事件が起こったのもこの地で、驪山の中腹には捉蒋亭(そくしょうてい)がある。現在の水源は4か所、水温は43℃、水量は豊富で、民衆の保養所としてにぎわっている。[吉村 怜]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

華清池」の用語解説はコトバンクが提供しています。

華清池の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.