Rakuten infoseek

辞書

菩提僊那【ボダイセンナ】

デジタル大辞泉

ぼだい‐せんな【菩提僊那】
《〈〉Bodhisenaの音写》[704~760]奈良時代のインド僧。文殊菩薩を慕って中国に渡り、天平8年(736)遣唐使要請で来日。東大寺大仏開眼供養導師を務めた。婆羅門(バラモン)僧正

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

菩提僊那 ぼだい-せんな
704-760 インドの僧。
唐(とう)(中国)にいたとき,遣唐使の多治比広成(たじひの-ひろなり)らの要請をうけ天平(てんぴょう)8年(736)来日。奈良の大安寺にはいり,のち正となり,東大寺大仏開眼供養の導師をつとめた。つねに華厳経をよみ,呪術(じゅじゅつ)にもすぐれていたという。婆羅門(ばらもん)僧正とよばれた。天平宝字4年2月25日死去。57歳。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

ぼだいせんな【菩提僊那】
704‐760
奈良時代に渡来したインド僧。Budhisenaの音訳。世に婆羅門僧正菩提僧正という。南天竺の婆羅門の出とされ,中国五台山の文殊菩薩の霊験を耳にして入し,第9次遣唐使多治比広成,学問僧理鏡の要請にこたえて,林邑僧仏哲,唐僧道璿(どうせん)らとともに,736年(天平8)5月に大宰府に来航し,8月難波津に到着,行基などの出迎えをうけて平城左京の大安寺に入り,子弟を指導した。つねに《華厳経》をよみ,密呪をよくした。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ぼだいせんな【菩提僊那】

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

菩提僊那
ぼだいせんな
(?―760)
奈良時代に日本へ帰化したインド僧。婆羅門(ばらもん)階級の出身。サンスクリット名ボディセーナBodhisenaの音写。菩提仙那とも書かれ、覚軍と訳され、婆羅門僧正(そうじょう)とよばれた。五台山文殊菩薩(もんじゅぼさつ)の神霊に感応して中国に渡り、さらに733年(天平5)遣唐使多治比真人広成(たじひのまひとひろなり)(?―739)らの要請によって林邑(りんゆう)国(現、ベトナム南部)の仏哲(ぶってつ)、中国僧道(どうせん)と来日した。736年筑紫大宰府(つくしだざいふ)に着く。奈良の大安寺に住し、『華厳(けごん)経』を諷誦(ふじゅ)し呪術(じゅじゅつ)を行った、という。751年(天平勝宝3)僧正となり、翌752年、東大寺大仏開眼供養(かいげんくよう)の導師となる。天平宝字(てんぴょうほうじ)4年、57歳で死去した。霊山寺に墓がある。[田村晃祐]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぼだい‐せんな【菩提僊那】
(Bodhisena の音訳) 「バラモンそうじょう(婆羅門僧正)」の梵名。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

菩提僊那
ぼだいせんな
?〜760
南インドの僧
婆羅門僧正ともいう。唐を経て,736年仏哲を伴って来日。東大寺大仏の開眼供養の導師をつとめた。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

菩提僊那
ぼだいせんな
婆羅門僧正」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

菩提僊那」の用語解説はコトバンクが提供しています。

菩提僊那の関連情報

関連キーワード

婆羅門僧正慶雲婆羅門僧正婆羅門僧正三作神楽川原寺観心寺慶雲

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.