Rakuten infoseek

辞書

菠薐草・法蓮草・鳳蓮草【ほうれんそう】

大辞林 第三版

ほうれんそう【菠薐草・法蓮草・鳳蓮草】
アカザ科の一、二年草。西アジア原産。葉はビタミン A ・ B ・ C 、鉄分などに富み、野菜として古くから栽培、葉を食用とする。在来からの種は根元が淡紅色。春、黄緑色の小花が花茎の先に多数つく。 [季] 春。 法蓮草 鳳蓮草とも書く

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

菠薐草・法蓮草・鳳蓮草」の用語解説はコトバンクが提供しています。

菠薐草・法蓮草・鳳蓮草の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.