Rakuten infoseek

辞書

菜種梅雨【なたねづゆ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

菜種梅雨
なたねづゆ
3月中旬から 4月上旬にかけて, 菜の花(→アブラナ)が咲く頃に降る長雨。「春の長雨」ともいう。高気圧がはり出したり移動性高気圧が北に偏って日本列島を通ったりするために,関東地方や太平洋沿岸部には冷たく湿った北東風が吹き,前線が停滞しやすくなる。そこへ小低気圧が次々と発生,東進するため,すっきりしない天気が続くことなる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

なたね‐づゆ【菜種梅雨】
菜の花の咲く3月下旬から4月にかけて、連日降りつづく寒々とした小雨 春》「―念仏の膝(ひざ)つめあはせ/信子」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とっさの日本語便利帳

菜種梅雨
三月中旬から四月にかけて菜の花が咲く頃に現れる長雨。春霖(しゅんりん)。霖とは三日以上降り続く雨のこと。この頃の雨が春雨

出典:(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」

世界大百科事典 第2版

なたねづゆ【菜種梅雨】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

なたねづゆ【菜種梅雨】
菜の花の盛りのころに降る春の長雨。 [季] 春。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

菜種梅雨
なたねづゆ
3、4月ころ現れる春の長雨。花を催す雨、つまり催花雨が菜花雨になったともいわれる。梅雨に似た気圧配置で、気温が低くて雲が多い日が何日も続いたりするが、現れない年もある。[篠原武次]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

なたね‐づゆ【菜種梅雨】
〘名〙
① 三月下旬から四月にかけて、菜の花が咲く頃に降る暖かい長雨。《・春》
(1937)〈森川暁水〉昭和九年「ぬれがほを鏡に妻や菜種梅雨」
② 陰暦三、四月頃に吹く東南の大風。〔物類称呼(1775)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

菜種梅雨」の用語解説はコトバンクが提供しています。

菜種梅雨の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.