Rakuten infoseek

辞書

菊花石【キクカセキ】

デジタル大辞泉

きくか‐せき〔キククワ‐〕【菊花石】
緑・赤・紫色の地に白色や紅色の紋のような模様のある、観賞用の石(水石)の名。輝緑凝灰岩の中に角閃石(かくせんせき)結晶が放射状に成長したもの。岐阜県本巣(もとす)市産。きっかせき。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きっかせき【菊花石】
水石や飾石として珍重される石で,緑,紫,赤褐色などの地に,白あるいは紅色の菊花の花弁状の模様が点在する。地となる岩石は輝緑岩あるいは輝緑凝灰岩。模様は,岩石が固まるときに生じた割れ目に岩石中の炭酸石灰が沈殿して方解石やアラゴナイトなどの結晶ができ,さらにこれらの結晶が岩石中の成分と交代し,石英やドロマイトなどの結晶に変化したものと考えられている。結晶が小さく斑状にちらばったり脈状になったものを梅花石,梅林石と呼び珍重することがある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

きくかせき【菊花石】
観賞石(水石)の一。菊花状に結晶した角閃石(方解石などに置換されているものもある)を含む輝緑凝灰きりよくぎようかい岩。岐阜県本巣もとす市根尾から産出。特別天然記念物。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

菊花石
きっかせき
代表的な花紋石の一つ。岐阜県本巣(もとす)市根尾松田に産する。母岩は輝緑凝灰岩で、これに含有される方解石、石英などが放射状結晶体となって表れ、あたかも石面に菊花が開いたようにみえる。白花が多いが、赤花もあり、いずれも華麗である。また、花の大小、その位置もさまざまで、観賞価値が高い。水石としての歴史もかなり古いが、昭和10年代からとくに人気が出た。1952年(昭和27)特別天然記念物に指定。[村田圭司]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きっか‐せき キククヮ‥【菊花石】
〘名〙 暗緑色や赤紫色の地に、白色あるいは淡紅色の菊の花に似た模様のある石。玄武岩質の岩石中に、方解石などが放射状に結晶したもの。水石や飾り石に用いられる。岐阜県本巣市のものは天然記念物。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

菊花石」の用語解説はコトバンクが提供しています。

菊花石の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.