Rakuten infoseek

辞書

菊池正士【きくちせいし】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

菊池正士
きくちせいし
[生]1902.8.25. 東京
[没]1974.11.12. 東京
実験物理学者。東京帝国大学理学部物理学科卒業。理化学研究所に入り (1928) ,ドイツに留学。大阪帝国大学教授 (34) 。東京大学原子核研究所初代所長 (55) 。日本原子力研究所理事長 (59~64) 。東京理科大学学長 (66~70) 。 1928年雲母による電子線回折を観測し,C.J.デービソン,G.P.トムソンらに続いて電子の波動性を実証。引続き電子線による結晶解析をし,菊池像などを発見。大阪に移って原子核物理学実験研究に重点おき中性子物理学,β線・γ線分光学の発展に貢献。第2次世界大戦中はレーダの研究に寄与。東京大学原子核研究所を創設して原子力研究の基礎固めに尽力し,核燃料開発を推進した。 32年帝国学士院メンデンホール記念賞受賞。 51年文化勲章受章。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

きくち‐せいし【菊池正士】
[1902~1974]実験物理学者。東京の生まれ。菊池大麓(だいろく)の四男。大阪大学教授。雲母を用いた電子線回折を研究し、菊池線菊池帯などの菊池図形とよばれる回折模様を発見。ドイツ留学後、大阪大学にサイクロトロンなどを建設。日本原子力研究所日本原子力研究開発機構)理事長などを歴任文化勲章受章。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

菊池正士 きくち-せいし
1902-1974 昭和時代の物理学者。
明治35年8月25日生まれ。菊池大麓(だいろく)の4男。理化学研究所にはいり,昭和3年世界ではじめて単結晶による電子線回折像(菊池線)を解析した。9年大阪帝大教授となり,サイクロトロンを建設。30年東大原子核研究所初代所長,34年原子力研究所理事長,41年東京理大学長。その間の7年学士院メンデンホール記念賞,26年文化勲章。昭和49年11月12日死去。72歳。東京出身。東京帝大卒。著作に「量子力学」など。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

きくちせいし【菊池正士】
1902‐74(明治35‐昭和49)
実験物理学者。菊池大麓の次男として東京に生まれる。1926年東京帝国大学物理学科を卒業,理化学研究所西川正治研究室に入る。西川正治の影響の下,量子力学の誕生まもない時期に電子の波動性を検証する実験を行い,雲母の薄板による電子線の回折像(菊池像と呼ばれる)を世界に先がけて得(1928),この研究により31年に服部報公会賞,32年に帝国学士院メンデンホール記念賞を受けた。この間,1929年からドイツへ留学,W.K.ハイゼンベルクらと交流した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

きくちせいし【菊池正士】
1902~1974 実験物理学者。東京生まれ。大麓の四男。東大卒。雲母の薄膜による電子線の回折像(菊池像と呼ばれる)を得、量子力学の発展に寄与。戦後は原子力研究機関の要職を歴任。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

菊池正士
きくちせいし
(1902―1974)
実験物理学者。数学者菊池大麓(だいろく)を父に東京に生まれる。1926年(大正15)東京帝国大学を卒業し、理化学研究所(西川正治(しょうじ)研究室)に入った。ただちに雲母箔(うんもはく)を用いた電子線の回折実験にとりかかり、電子の波動性を実証する回折像(菊池線、菊池帯など)を得た(1928)。1929年(昭和4)から2年間ドイツに留学し、ボルン、ハイゼンベルクのもとで量子力学の理論を学んだ。帰国後、新設された大阪帝国大学(長岡半太郎総長)の教授となり、原子核実験を行うためのコッククロフト‐ウォルトン式高電圧装置、サイクロトロン加速器を建設した。第二次世界大戦中は、海軍でレーダーの開発に従事した。戦後、1950年(昭和25)にベーテの招きでコーネル大学などで原子核実験を続けた。帰国後、1952年大阪大学にサイクロトロンを再建し、1955年東京大学原子核研究所の初代所長、1958年原子力委員会委員、1959年から1964年日本原子力研究所(現、日本原子力研究開発機構)理事長、1960年から東京理科大学学長などを歴任した。[小林武信]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きくち‐せいし【菊池正士】
物理学者。菊池大麓(だいろく)の子。東京出身。東京帝大物理学科卒。理化学研究所に入り、「電子線の回折に関する研究」を発表。のち大阪帝大教授、東京大学原子核研究所長、東京理科大学長などをつとめ、原子物理学の分野で多くの業績を残す。日本学士院会員。文化勲章受章。明治三五~昭和四九年(一九〇二‐七四

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

菊池正士」の用語解説はコトバンクが提供しています。

菊池正士の関連情報

関連キーワード

賄賂罪請託アッタロス[1世]津野[町]職権濫用罪フラミニヌスアッタロスアッタロス1世アッタロス朝アルビヌス

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.