Rakuten infoseek

辞書

菊池大麓【きくちだいろく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

菊池大麓
きくちだいろく
[生]安政2(1855).3.17. 江戸
[没]1917.6.19.
数学者。ケンブリッジ大学数学を修め,1877年に帰国し,東京大学理学部教授となる。同時に「東京数学会社」 (1884年改組して日本数学物理学会となる) の創立に参画して西洋数学の普及に尽力し,学務委員として「三軸法」 (立体解析幾何学) および重学を担当した。彼の著書『平面解析幾何学』は数学教育にも大きな影響を与えた。その後,日本数学界の中心として活躍し,東京大学理学部長,文部省専門学務局長,文部次官,東京大学総長 (98) ,文部大臣 (1901) ,京都大学総長 (08) などを歴任男爵。彼に対する人物評として「爛漫たる桜花の如し」というのがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

きくち‐だいろく【菊池大麓】
[1855~1917]数学者。江戸の生まれ。箕作秋坪(みつくりしゅうへい)の次男英国留学。日本の近代数学および数学教育の確立貢献。文部大臣、東大・京大総長、学士院長などを歴任。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

菊池大麓 きくち-だいろく
1855-1917 明治-大正時代の数学者,教育行政家。
安政2年1月29日生まれ。美作(みまさか)(岡山県)津山藩士箕作秋坪(みつくり-しゅうへい)の次男。菊池正士の父。菊池家をつぐ。2度イギリスに留学し,数学,物理学をまなぶ。明治10年東京大学開校の際,理学部教授となり,近代数学の移入と数学教育法の確立につくす。のち東京帝大・京都帝大総長,文相,帝国学士院長,理化学研究所初代所長。大正6年8月19日死去。63歳。著作に「初等幾何学教科書」など。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

きくちだいろく【菊池大麓】
1855‐1917(安政2‐大正6)
西洋の数学を初めて本格的に日本に紹介した明治時代の数学者。洋学者箕作秋坪(みつくりしゆうへい)の次男として江戸に生まれ,秋坪の実家菊池家を継ぐ。1861年(文久1)蕃書調所に入学し洋学を学び,64年(元治1)9歳でそこの句読教授当分助になる。66年(慶応2)11歳でイギリスに留学し68年(明治1)帰朝した。70年再びイギリスに留学,77年ケンブリッジ大学を卒業し,直ちに東京大学理学部教授となった。81年より93年まで理学部長(理科大学長)を歴任した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

きくちだいろく【菊池大麓】
1855~1917 数学者。江戸生まれ。箕作秋坪みつくりしゆうへいの次男。東大総長・文相。理化学研究所初代所長。ヨーロッパの数学を日本に紹介、数学教育の振興に貢献。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

菊池大麓
きくちだいろく
(1855―1917)
数学者。洋学者箕作秋坪(みつくりしゅうへい)の次男として、江戸の津山藩邸で生まれ、父の実家菊池家を継いだ。6歳で蕃書調所(ばんしょしらべしょ)に入り、9歳で句読(くとう)教授当分助(とうぶんのすけ)となる。11歳のとき幕命でイギリスに留学したが、幕府瓦解(がかい)のため帰国。1870年(明治3)明治政府の命で再度イギリスに留学し、1877年ケンブリッジ大学を卒業して帰国した。同年6月、東京大学創設に際し、日本人としてただ一人の東京大学理学部教授となり、以降20年間、数学を教授するとともに、多くの著書、啓蒙(けいもう)論文を著して数学の進歩に尽くし、藤沢利喜太郎(ふじさわりきたろう)、高木貞治(たかぎていじ)ら、次代の日本の数学を担った世界的にも著名な数学者を育てた。1898年東京帝国大学総長、1901年(明治34)文部大臣、1908年京都帝国大学総長、1909年帝国学士院院長などを歴任し、1917年(大正6)理化学研究所の設立とともに初代所長となるなど、日本の教育・文化の向上に大きな功績を残した。
 おもな著作には、クリッフォードWilliam K. Clifford(1845―1879)とピアソン著の本の翻訳書『数理釈義』(1886・博聞社刊)と、菊池著の『初等幾何学教科書』巻1、2(1888、1889・文部省編輯局(へんしゅうきょく)刊)がある。前者はイギリス流の数学序説の内容で啓蒙書として重要である。また後者はユークリッド幾何の本で、比例理論まで述べたものであるが、当時世界的にも有数な理論的内容をもち、数学を正しく理解するためにはいかに深い考察を要するかを学界に知らせた意義は大きい。また、この本は官版の本としては初めての横書きで、分かち書きの本として有名であった。1912年には高校の解析幾何の教科書『Analytic Geometry』を著し、多く使われた。[小松醇郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きくち‐だいろく【菊池大麓】
数学者、教育家。男爵。箕作秋坪(みつくりしゅうへい)の二男。江戸生まれ。ケンブリッジ大学卒。日本人初の東京大学理学部教授となり、以後、貴族院議員、東京帝大総長、文相、京都帝大総長、帝国学士院長、枢密顧問官、理化学研究所長を歴任。近代数学の移入と数学教育の確立に寄与し、科学行政にも大きな手腕を示した。安政二~大正六年(一八五五‐一九一七

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

菊池大麓
きくちだいろく
1855〜1917
明治・大正時代の数学者
江戸の生まれ。蕃書調所で英語を学び,イギリス留学2回。ケンブリッジ大学で数学・物理学を修め,帰国後東大教授となる。近代数学の導入と数学教育の発展に貢献し,のち理化学研究所初代所長・東大総長・文相・京大総長・学士院長などを歴任した。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

菊池大麓」の用語解説はコトバンクが提供しています。

菊池大麓の関連情報

関連キーワード

トルストイ(Lev Nikolaevich Tolstoy)ニコライグノーネルバルゴッチェシェッドデーデルラインバルトンピーボディヘイト

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.