Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

菅礼之助【すがれいのすけ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

菅礼之助
すがれいのすけ
[生]1883.11.25. 秋田
[没]1971.2.18.
昭和期の実業家。東京高等商業学校を卒業後,古河合名会社入社古河商事を経て古河合名会社理事,日満鉱業社長,帝国鉱業開発社長,全国鉱山会長などを歴任。 1946年には石炭庁長官,47年には配炭公団の初代総裁に就任し,日本産業協議会評議員会議長,経済団体連合会 (経団連) 顧問などをつとめたが,第2次世界大戦後公職追放となる。解除後は,同和鉱業を経て 54年に東京電力会長に就任。日本原子力産業会議会長,電気事業連合会会長,経団連評議会議長をはじめ,日本相撲協会運営審議会会長などを歴任した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

菅礼之助 すが-れいのすけ
1883-1971 大正-昭和時代の実業家。
明治16年11月25日生まれ。菅礼治の長男。古河合名理事をへて,昭和14年帝国鉱業開発社長となる。21年石炭庁長官,29年東京電力会長。俳誌「同人」を主宰。昭和46年2月18日死去。87歳。秋田県出身。東京高商(現一橋大)卒。俳号は裸馬(らば)。著作に「裸馬翁五千句集」など。
【格言など】ガヤガヤした生活ばかりだったから,せめて死ぬときはひとりで静かに死なせてくれ(米寿のときのことば)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

菅礼之助」の用語解説はコトバンクが提供しています。

菅礼之助の関連情報

関連キーワード

アルマン条約ガルシンサンフランシスコ・ジャイアンツ電気事業フィラデルフィア・フィリーズポンキエリアモンウィンチェスターウェルクマイスタークレーギー

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.