Rakuten infoseek

辞書

莫高窟

世界遺産情報

莫高窟
莫高(ばっこうくつ)は中華人民共和国甘粛敦煌市近郊にある仏教遺跡です。鳴沙山の東の断崖に、南北1600mに渡って掘られた700あまりの洞窟があり、その中に約2400の仏塑像が安置されています。には一面壁画が描かれ、総面積は4500平方mにもなります。紀元前336年に楽(らそく)和尚により創建されたとされ、その後、元朝までの約1000年間にわたり造り続けられました。建築彫塑、壁画の保存状態や芸術性の高さには目を見張るものがあります。ユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されています。

出典:KNT近畿日本ツーリスト(株)

世界遺産詳解

ばっこうくつ【莫高窟】
1987年に登録された中国の世界遺産(文化遺産)で、同国北西部、甘粛省敦煌市近郊にある仏教遺跡。古くから中国と西域を結ぶシルクロード要衝とされてきた敦煌中心部から南東25kmに位置する鳴沙山(めいさざん)の東向きの断崖に、南北1.7kmにわたって石窟が掘られ、そこに仏像が安置された。西千仏洞、安西楡林窟、水峡口窟をはじめとした合計735の石窟(石室)と2415体の仏塑像や壁画が現存している。その規模や歴史的な重要性は、ほかの石窟を圧倒している。石窟群のうち現存する最古の窟は4世紀末から5世紀はじめに造営されたものである。石窟群からは、3万~5万点に及ぶ文書や写本仏画経典などが発見されている。◇英名はMogao Caves。莫高窟は中国語でモーカオクーと発音する。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ばっこうくつ【莫高窟】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

世界の観光地名がわかる事典

ばっこうくつ【莫高窟】
中国の甘粛(かんしゅく)省敦煌(とんこう)(トゥンホワン)市の近郊にある仏教遺跡。敦煌市の東南25kmに位置する鳴沙山(めいささん)東の断崖に南北1600mにわたって掘られた、莫高窟や西千仏洞、安西楡林窟、水峡口窟など600あまりの洞窟があり、その中に2400余の仏塑像が安置されている。壁には一面に壁画が描かれ、総面積は4万5000m2。◇出土した敦煌文献はよく知られ、「敦煌石窟」、あるいは「敦煌千仏洞」ともいわれる。1961年に中国の全国重点文物保護単位に、1987年には世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

莫高窟
ばっこうくつ
敦煌の南東にある仏教遺跡。千仏洞ともいう
断崖に南北1600mにわたって492の石窟が開かれた。4世紀の北涼時代より造営が開始され,以後元代にいたる1000年にわたってつくられた。壁画や塑像などに優品が多く,1900年に4〜5万点におよぶ古文書が発見されて以後,イギリスのスタイン,フランスのぺリオ,日本の大谷探検隊,ロシアのオルデンブルグらが多数の古写本や経巻を国外に持ち出し,これによって敦煌学が生まれた。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ばっこう‐くつ〔バクカウ‐〕【莫高窟】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

莫高窟」の用語解説はコトバンクが提供しています。

莫高窟の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.