Rakuten infoseek

辞書

【カ】

デジタル大辞泉

か【荷】
[接尾]助数詞。数を表す漢語に付いて、一人が肩に担える物の量を単位として数えるのに用いる。「稲三

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

か【荷】[漢字項目]
[音](漢) [訓] になう
学習漢字]3年
〈カ〉
植物の名。ハス。「荷葉
にもつをかつぐ。になう。「荷重荷担負荷
にもつ。「在荷集荷出荷入荷
〈に〉「荷主荷札荷物荷役重荷倉荷初荷船荷
[名のり]もち
[難読]稲荷(いなり)荷前(のさき)薄荷(はっか)歩荷(ぼっか)茗荷(みょうが)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

に【荷】
運搬するようにまとめた品物。荷物。「を運ぶ」
責任。また、負担。「約束を果たしてが軽くなる」「病人の世話がになる」
[下接語]明け荷揚げ荷脚荷荒荷在り荷入り荷浮き荷打ち荷上(うわ)荷重荷片荷軽荷倉荷先荷下(した)荷底荷着(ちゃく)荷積み荷投げ荷抜き荷抜け荷濡(ぬ)れ荷初荷撥(は)ね荷散(ばら)荷船荷・持ち荷

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

か【荷】
( 接尾 )
助数詞。(一人が肩で担ぐほどの量の)荷物を数えるのに用いる。 「酒樽三-」 〔天秤棒で担ぐ二つの荷物を一組とし、それを一荷と称したことに由来する〕

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

に【荷】
持ち運んだり、送ったりするために、ひとまとめにしたもの。にもつ。 「両手に-を下げる」 「市場に-がはいる」
責任・負担となる事柄。 「肩の-が下りる」
やっかいになるもの。 「とんだ-になる」
[句項目] 荷が重い 荷が勝つ 荷を下ろす

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動植物名よみかた辞典 普及版

荷 (ハス・ハチス)
学名:Nelumbo nucifera
植物。スイレン科の抽水性多年草,園芸植物,薬用植物

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

荷 (ハチス)
植物。ムクゲの別称

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

か【荷】
〘接尾〙 漢語の数詞に付けて、ひとりで肩にになえるだけの物の量を、単位として数えるのにいう語。にない。に。
※宇津保(970‐999頃)蔵開上「檜破子(ひわりご)五十か」
※太平記(14C後)二〇「堀溝をうめん為に、うめ草三万余荷(カ)を」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

に【荷】
〘名〙
① 持ち運んだり、運送したりする品物。荷物。
播磨風土記(715頃)揖保「ここに(あふこ)折れて荷(に)落ちき」
滑稽本浮世床(1813‐23)初「江戸でなくては荷(ニ)のはける所がねへ」
責務。責任。「荷が重い」「肩の荷がおりる」
手数のかかる厄介なこと。負担になるもの。
婦系図(1907)〈泉鏡花〉前「一軒かけ離れて、彼処へ行くのは荷なんだけれども」
④ 劇場関係者の間で、演題と出演者の総称

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

の【荷】
〘名〙 「に(荷)」の古い形か。
[補注]「書紀‐九・神功摂政前」に、地名「荷持」に対して「此をば能登利(ノトリ)と云ふ」という訓注があり、「万葉‐二三」の歌の「射等籠荷四間」が「万葉‐二四」の「伊良虞能嶋」と対比して「イラゴノシマ」とよまれるところから、「荷」を「の」といったことは確実であるが、語として用いられた確かな例は「荷前(のさき)」しかない。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

荷の関連情報

他サービスで検索

「荷」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.