Rakuten infoseek

辞書

荷電K中間子

素粒子事典

荷電K中間子
記号電荷質量スピンパリティ寿命分類
-,K+-1,+1494 MeV012ナノ秒中間子
★記号★

ストレンジネスを持った中間子。ストレンジネスを持ったハドロンの中で最も軽い。クォークの構成:s,uハドロン同士の衝突で作られる。弱い力でこわれる。多くのこわれ方(崩壊モード)が在る。2個のパイ中間子にも3個のパイ中間子にもこわれるが,パリティが違うため(前者は +1,後者は−1),当初は別の粒子と考えられた。1956年,リーとヤンにより提唱された弱い力におけるパリティの破れが実証され,荷電K中間子の崩壊においてもパリティが破れていることが認められた。

出典:素粒子事典
(C) Copyright 1996-2010 Sadaharu UEHARA and Junpei SHIRAI
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

荷電K中間子」の用語解説はコトバンクが提供しています。

荷電K中間子の関連情報

他サービスで検索

「荷電K中間子」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.