Rakuten infoseek

辞書

荷電パイ中間子

素粒子事典

荷電パイ中間子
記号電荷質量スピンパリティ寿命分類
π-+-1,+1140 MeV026ナノ秒中間子
★記号★

原子核の中で核子同士を繋ぎ止めている粒子。加速器で作る事もできる。クォークの構成:d,u。弱い力でミュー粒子とニュートリノにこわれる。1934年湯川秀樹によりその存在が予言され,1947年,宇宙線のなかから発見された。

出典:素粒子事典
(C) Copyright 1996-2010 Sadaharu UEHARA and Junpei SHIRAI
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

荷電パイ中間子」の用語解説はコトバンクが提供しています。

荷電パイ中間子の関連情報

他サービスで検索

「荷電パイ中間子」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.