Rakuten infoseek

辞書

荒神【こうじん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

荒神
こうじん
三宝荒ともいう。竈神 (かまどがみ) および地神のこと。地主神,山の神をもいう。激しい性格の,たたりやすい神であるのが通例

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

あら‐がみ【荒神】
霊験のあらたかな神。
「かかる尊き―の氏子と生まれし身を持ちて」〈浄・天の網島

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こう‐じん〔クワウ‐〕【荒神】
三宝荒神」の
民間で、かまどの神。また、防火農業の神。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

荒神 こうじん
民間信仰の神。
かまどなど火をつかうところに火の神としてまつられる三宝荒神と,屋敷や同族・地域をまもる地(じ)荒神,および牛馬の守護神としての荒神にわけられる。霊験あらたかな,あらあらしい神とされる。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

こうじん【荒神】
荒神の信仰は,(1)屋内の火所にまつられ,火の神火伏せの神の性格をもつ三宝荒神,(2)屋外にまつられ,屋敷神,同族神,部落神の性格をもつ地荒神,(3)牛馬の守護神としての荒神に大別される。東日本では,火の神としての荒神と作神としてのオカマサマを屋内に併祀する形が多い。西日本では(2)のタイプが顕著であり,集落単位でまつる荒神はウブスナ荒神と呼ばれ,作神ひいては生活全般の守護神のように考えられている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

あらがみ【荒神】
たけだけしく、霊験あらたかな神。 波につきて磯回いそわにいます-は/山家

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こうじん【荒神】
民俗信仰の神の一。竈神かまどがみとして祀まつられる三宝さんぽう荒神、屋外に屋敷神・同族神・部落神として祀る地荒神、牛馬の守護神としての荒神に大別される。
荒神が家を守るように、陰で守護する者。 そりやもう、おまへに-さんがないとも云ふまいさ/滑稽本・浮世風呂 4

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

荒神
こうじん
一般に屋内のいろりやかまどなど火を使う場所に火の神として祀(まつ)られる三宝(さんぼう)荒神と、屋外に祀られて屋敷神や同族神、地域の守護神として機能する地(じ)荒神とに大別される神格。祭場の形状から前者を内(うち)荒神、後者を外(そと)荒神などとよぶ所もある。いずれも験力あらたかな、荒々しく祟(たた)りやすい神と信じられている。三宝荒神は火の神という性格が顕著だが、作神としての性格も認められる。田植のときに苗を供えたり、刈り上げのときに初穂を供えるなど農耕儀礼とかかわっている。ただ、火の神として荒神とともにかまど神を併祀(へいし)する地域では、前者を火伏せの神、後者を作神と区別する傾向がみられる。火伏せや作神のほかにも、産の神、牛馬の神といった多岐にわたる内容をもつが、広く行われているのは荒神墨とよぶかまどの墨を生児の額につけて魔物除(よ)けとする風習である。九州地方では川遊びの際にこれをつけると、河童(かっぱ)に尻(しり)を抜かれないと伝えられている。一方、地荒神は中国地方を中心に、四国や北九州で祀られている。多くの場合、旧家の屋敷地や山裾(やますそ)の自然木や小祠(しょうし)を信仰の対象とするが、荒神ブロとよんで一区画の森を神聖視する地域もある。屋敷神となっている場合を屋敷荒神、株のような同族的な色彩の濃い集団によって祀られているものを株荒神、一定の地域の人々によって祀られているものをウブスナ荒神あるいはヘソノオ荒神などとよぶ。荒神信仰の拡大については山伏や法印などの民間の宗教者が大きな役割を果たしているといわれているが、中国・四国地方で盛んな荒神籠(ごも)りは荒神信仰の古態を示すものとして注目される。[佐々木勝]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

あら‐がみ【荒神】
〘名〙
① たけだけしく、霊験のあらたかな神。
※山家集(12C後)中「波につきて磯わにいますあらがみは潮ふむ宜禰(きね)を待つにやあるらん」
② 荒々しく人にわざわいを及ぼす神。
※孟津抄(1575)一七「能因歌枕 云人の中さへる神をばあらみさき又あらみけといふ荒神也」
③ 伊勢神宮の末社の「雨の宮風の宮」の別名。
④ かまどの神。
※諸国風俗問状答(19C前)三河国吉田領風俗問状答「さて大黒、蛭子、荒神〈竈の神の意〉には、大かたの家にて別に供ふ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

あらぶる【荒】 神(かみ)
荒々しく乱暴する神。天皇の命令に従わない神。
※古事記(712)中「東の方十二道の荒夫琉神(あらブルかみ)、及(また)摩都楼波奴(まつろはぬ)人等を言向け和平(やは)せ」
※草根集(1473頃)四「いぐしさすしでにあらふる神やまずなごやかならぬ瀬々の川浪」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こう‐じん クヮウ‥【荒神】
[1] (「三宝荒神(さんぼうこうじん)」の略) 仏・法・僧の三宝を守るという神。怒りをあらわし、三つの顔と六つの手をもつ。修験道や日蓮宗などで、とくに信仰される。荒神様
※源平盛衰記(14C前)一「我(われ)財宝にうへたる事は、荒神(クウシン)の所為にぞ」
[2] 〘名〙
① かまどを守る神。かまどの神。民間で「三宝荒神」と混同され、火を防ぐ神として、のちには農業全般の神として、かまどの上にたなを作ってまつられる。毎月の晦日に祭事が行なわれ、一月・五月・九月はその主な祭月である。たなには松の小枝と鶏の絵馬を供え、一二月一三日に絵馬をとりかえる。荒神様。〔日葡辞書(1603‐04)〕
※浮世草子・日本永代蔵(1688)二「又壱人、『掛鯛(かけだい)を六月迄、荒神(クウジン)前に置けるは』と尋ぬ」
② 近畿以西に濃厚な分布をもつ屋外の神。屋敷神、同族神、集落鎮守の場合があり、荒神講を組織して集落中で飲食する地方も多い。また転じて、かげにいて守ったり援助したりする人をもいう。荒神様。
※諸国風俗問状答(19C前)備後国福山領風俗問状答「荒神と申す小神祠、村々に有之」
③ (荒神はかまどの神であるところから、かまどを使う者として) 女房の異称。荒神様。
※二篇おどけむりもんどう(1818‐30頃か)「福神にあらずして寺に大黒とはいかに。内のかかを荒神といふがごとし」
④ 牛の守護神。牛荒神。
※浮世草子・西鶴諸国はなし(1685)四「手なれし牛の、子をうみけるに、荒神(コウジン)の宮めぐりもすぎて」
⑤ ((一)の顔が三面であるところから) 中央のほか左、右にも乗れるようにつくった馬のくら。または、そのくらをのせた馬。
※雑俳・柳多留‐九一(1826)「荒神があれて三人どさら落」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

荒神」の用語解説はコトバンクが提供しています。

荒神の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.