Rakuten infoseek

辞書

荒神谷遺跡【こうじんだにいせき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

荒神谷遺跡
こうじんだにいせき
島根県北東部,出雲市に所在する弥生時代の青銅器埋納遺跡。1984,1985年の島根県教育委員会の調査で,丘陵斜面の 3地点より整然と一括納した状態で銅剣 358,銅鐸(どうたく)6,銅鉾 16が出土した。銅剣は弥生中期後葉~後期初頭の中細銅剣で,損傷が見られず,単一型式を示すことから,製作後比較的早い時期に埋納されたと考えられるが,その時期は不明。銅鐸はいずれも小型,菱環鈕式横帯文銅鐸 1,外縁鈕式四区袈裟襷文銅鐸 5よりなる。銅鉾は中細形 2,中広形 14で,北部九州からの搬入品と思われる。銅鐸・銅鉾も共伴遺物がなく埋納時期は不明であるが,最も新相を示す中広銅鉾の年代より弥生中期末~後期前葉以降と考えられる。この遺跡は,弥生時代の青銅武器,特に銅剣が過去の出土総数を大量に上回り,従来の分布論を崩壊させた。また不時発見の多い埋納青銅器としては例外的に正式な発掘調査で出土し,埋納状況が明らかになった点も重要である。1998年出土品は一括して国宝に指定された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こうじんだにいせき【荒神谷遺跡】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

こうじんだにいせき【荒神谷遺跡】
島根県簸川ひかわ郡斐川町神庭かんばにある弥生時代の青銅器埋納遺跡。銅剣・銅矛・銅鐸が一括して発見され、北九州圏と畿内圏の祭祀儀礼の接点として、青銅祭器の文化圏の見直しがされた。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

国指定史跡ガイド

こうじんだにいせき【荒神谷遺跡】

島根県出雲(いずも)市斐川(ひかわ)町にある青銅器埋納遺跡。『出雲風土記』にある神名火(かんなび)山といわれる標高366mの仏経山の北東、小さな谷間の標高22mの南向きの急斜面にある。1983年(昭和58)、広域農道の建設にともなう遺跡分布調査で、調査員が田んぼのあぜ道で一片の土器(古墳時代の須恵器(すえき))を拾ったことがきっかけとなり、翌年、谷あいの斜面の発掘調査で358本の銅剣が出土した。日本全国で出土した弥生時代の銅剣の総数を上回る数の銅剣が一度に出土し、出雲地方の強大な勢力の存在を示すものとして注目された。銅剣358本はいずれも全長50~53cm前後の中細形で、そのほとんどに「×」印が刻まれていた。これは約3km離れた加茂岩倉遺跡から出土した銅鐸(どうたく)に刻まれていた「×」印と共通するものである。さらに翌年、銅剣が埋められていた場所から7mほど離れたところで、最古形式の銅鐸を含めた小型銅鐸が6個、綾杉状の文様などがある銅矛(どうほこ)が16本出土した。1987年(昭和62)に国の史跡に指定され、発掘された青銅器は、1998年(平成10)に一括して国宝に指定された。遺跡は発見当時の姿に復元され、史跡公園となっている。隣接する荒神谷博物館では出土品を期間展示し、出雲の弥生時代を解説している。JR山陰本線荘原駅から車で約5分。

出典:講談社
(C)Kodansha 2013.
この内容は執筆時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)

荒神谷遺跡
こうじんだにいせき
島根県出雲市斐川町神庭(ひかわちょうかんば)に所在する青銅器出土地。1984年(昭和59)島根県教育委員会の発掘調査で、谷水田に面する小尾根の南斜面中腹(標高22メートル)から、従来日本で知られていた弥生(やよい)時代銅剣の総数約300本をはるかに上回る358本という大量の銅剣が出土、さらに翌1985年には銅剣出土地の約7メートル東寄りで銅鐸(どうたく)6個と銅矛16本を納めた埋納壙(まいのうこう)が検出され、青銅器研究史上空前の大発見として注目を集めた。
 銅剣は、2段に加工された平坦(へいたん)面の下段に浅く掘りくぼめた長さ2.6メートル、幅1.5メートルの埋納壙に南北に4列、いずれも刃を立て密着した状態で西から34本、111本、120本、93本が整然と並べられていた。銅剣は全長50~53センチメートル前後、形式はいずれも中細銅剣の新しい段階に属し、弥生時代中期~後期の製作と考えられる。刃こぼれなどがみられず、形式が単一であることなどから、鋳造後比較的短期間のうちに一括埋納されたものと推定される。銅鐸と銅矛は、東西約2メートル、南北約1.2メートルに掘りくぼめた埋納壙の西半分に銅鐸が、東半分に銅矛が一括埋納されていた。銅鐸は総高21.7~24センチメートルの小型品で、外縁付鈕(がいえんつきちゅう)四区袈裟襷文(けさだすきもん)のほか菱環鈕式鐸1個を含む。銅矛は全長69.6~84センチメートルの中広型であった。弥生式青銅器文化の地域的特色の一端をうかがわせる遺跡として注目される。
 遺跡は国指定史跡(1987年)、出土品は一括して国宝に指定されている(1985年)。[前島己基]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

荒神谷遺跡
こうじんだにいせき
島根県簸川 (ひかわ) 郡斐川町の丘陵上で発見された弥生時代中期の青銅製祭器の埋納遺跡
1984〜85年の発掘調査で銅剣358本,銅鉾16本,銅鐸6個を出土した。近くの加茂岩倉遺跡からも'96年39個の銅鐸が出土した。両遺跡から大量の銅剣・銅鐸が出土したことは,弥生時代の青銅製祭器の分布圏を考える上で,出雲地方の重要性を示している。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

荒神谷遺跡」の用語解説はコトバンクが提供しています。

荒神谷遺跡の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.