Rakuten infoseek

辞書

荒砥/粗砥【あらと】

食器・調理器具がわかる辞典

あらと【荒砥/粗砥】
包丁の刃こぼれを直すなど、ざっと研ぐときに用いるきめの粗い砥石

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

あらと【荒砥】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

荒砥
あらと
山形県南部、西置賜(にしおきたま)郡白鷹町(しらたかまち)の中心地区。旧荒砥町。長井盆地北部の最上(もがみ)川右岸に位置する。古い小城下町で、近世には最上川舟運の舟着き場として、明治時代には養蚕の町として栄えた。山形鉄道(フラワー長井線)の終着地。国道287号が通じ、348号を分岐する。[中川 重]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

あら‐と【荒砥】
〘名〙 砥石の一種。きめがあらく柔らかい石を用いて刃物類の荒研(あらとぎ)に用いるもの。荒砥石。⇔真砥(まと)
※出雲風土記(733)島根「東(ひむがし)の辺(へ)に麁砥(あらと)有り」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

荒砥/粗砥」の用語解説はコトバンクが提供しています。

荒砥/粗砥の関連情報

他サービスで検索

「荒砥/粗砥」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.